スポンサーリンク

「山椒」と「花椒」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「山椒」と「花椒」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「山椒」「花椒」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「山椒」とは?

「山椒」とは?

「山椒」の意味と概要について紹介します。

意味

「山椒」「さんしょう」と読み、「日本原産の植物で、ぴりぴりと痺れる様な味わいの香辛料」という意味です。

概要

「山椒」は、日本のミカン科の植物で、縄文時代から香辛料として使われてきました。

独特の乾いた香りがあり、辛みはそれほどでもありませんが、ぴりぴりと痺れる様に感じます。

一般的にはちりめんやつくだ煮に加えたり、実を乾燥させて粉にして使います。

特にウナギのかば焼きに欠かせないものとされていて、日本人に親しまれています。

実だけではなく花や芽、皮など全てが食用であり、ムダのない植物です。

「花椒」とは?

「花椒」とは?

「花椒」の意味と概要について紹介します。

意味

花椒は、日本語では「カショウ」と読み、中国語では「ホアジャオ」と読みます。

「中国原産の植物で、ビリビリと痺れる辛さと刺激、苦味の香辛料」という意味です。

概要

「花椒」は、中国のミカン科の植物で、実を乾燥させたものです。

熟した実はまるで赤い花が咲いている様に赤かったことから「花椒」と名付けられました。

「花椒」は、四川料理に使われることが多く、「麻婆豆腐」「麻(マー)」にあたる部分です。

独特の辛さと刺激があり、入れ過ぎると苦みを感じることもあります。

単品で使われることもあれば、合わせ香辛料の「五香粉」に含まれていることもあります。

「山椒」と「花椒」の違い!

「山椒」と「花椒」の違い!

「山椒」は、日本産の植物が原料で、「ジャパニーズ・ペッパー」と呼ばれます。

「花椒」は、中国産の植物が原料で、「チャイニーズ・ペッパー」と呼ばれます。

まとめ

まとめ

「山椒」「花椒」は原料となる植物が全く違います。

お互い代用ができない香辛料ですので、料理に合わせて使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物・飲み物
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物