「トレードオフ」と「機会費用」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「トレードオフ」と「機会費用」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「トレードオフ」「機会費用」は類似した意味を連想させる区別が難しい二つの用語ですが、「トレードオフ」「機会費用」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「トレードオフ」「機会費用」の違いを分かりやすく説明していきます。

「トレードオフ」とは?

「トレードオフ」という経済用語は、「希少性・有限性(同時の選択機会)を前提にして、あるものを手に入れるために、他のものを放棄しなければならないこと」を意味しています。

「トレードオフ」というのは、「同時に両立させることはできない複数の選択機会」を意味する言葉なのです。

「機会費用」とは?

「機会費用(きかいひよう)」という経済用語は、「トレードオフの関係にある二つ以上の物事のうち、選択しなかったもの(機会)を、金銭価値に換算したもの」の意味を持っています。

「機会費用」とは、「トレードオフの関係にある仕事Aと仕事Bで、仕事Aを選んだ時、もし仕事Bを選んでいたらどれくらい稼げていたかという選択しなかったことによるコスト」を意味する用語なのです。

「トレードオフ」と「機会費用」の違い!

「トレードオフ」「機会費用」の違いを、分かりやすく解説します。

「トレードオフ」というのは、「あるものを獲得するためには他のものを諦めなければならないこと」「両立することができない二つの物事」を意味しています。

「機会費用」という経済用語は、「トレードオフの関係にある二つの選択肢のうち、選ばなかったほう(機会)を、金銭価値に換算したもの」を意味しているという違いがあります。

例えば、「授業後にアルバイトをするか部活をするか」「トレードオフ」になりますが、「部活を選んだ場合の機会費用は月8万円のアルバイト代」になるといった違いを指摘できるのです。

まとめ

「トレードオフ」「機会費用」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「トレードオフ」という経済用語は、「希少性・有限性・選択機会を前提にして、あるものを手に入れるために、他のものを諦めなければならないこと」を意味しています。

それに対して、「機会費用」という経済用語は「トレードオフの関係にあって選択しなかったもの(機会)を、お金の価値に換算したもの」の意味合いを持っています。

「トレードオフ」「機会費用」の違いを知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。