「協調性」と「馴れ合い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「協調性」と「馴れ合い」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「協調性」「馴れ合い」の違いを分かりやすく説明していきます。

「協調性」とは?

「協調性(きょうちょうせい)」という言葉は、「共通の目標・目的を達成するために、他者と一緒に助け合ったり譲歩したりすることができる生産的な性質・性格」を意味しています。

「協調性」というのは、「生産的なチームワークにつながる他者と協力し合うことができる性質」「自己中心性(エゴイズム)を調整して弱められる特性」を意味している言葉なのです。

学校・会社などの他者と一緒に学んだり仕事をしたり生活したりする場所では、この「協調性」が必然的に求められることになります。

「馴れ合い」とは?

「馴れ合い(なれあい)」とは、「昔馴染みの友達関係などに見られやすい緊張感・けじめのないなあなあの関係」「ひそかに事前に示し合わせてぐるになって物事を行うこと」を意味している表現です。

「馴れ合い」という言葉は、「当事者間で親密に打ち解け合ってはいるが、緊張感・責任感・遵法意識(常識感覚)が弱まっている関係」を示唆しているのです。

例えば、「馴れ合いになると相手の間違いを指摘することが難しくなります」「八百長に近い馴れ合いの勝負は面白くありません」といった例文で使えます。

「協調性」と「馴れ合い」の違い!

「協調性」「馴れ合い」の違いを、分かりやすく解説します。

「協調性」「馴れ合い」「相手に合わせること」の意味では共通していますが、「協調性」には「共通の目的意識・ゴールがあるという点」「馴れ合い」とは異なります。

「馴れ合い」というのは「昔馴染み・親しい友人などとの間の緊張感・遵法精神のないだらけた関係」を意味している言葉であり、「協調性」のような生産的でポジティブな意味のニュアンスがないという明確な違いがあります。

「馴れ合い」「相手が間違った行為をしていても注意することのない無目的・無責任な関係」であり、「協調性」「共通の目的を持っていて、相手が間違った行為をしていれば注意して改めさせられる生産的な関係」であるという違いを指摘することができます。

まとめ

「協調性」「馴れ合い」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「協調性」という表現は、「共通の目標を達成するために、他者と一緒に助け合うことができる特性・性質」を意味しています。

「馴れ合い」という言葉は、「ひそかに示し合わせて、ぐるになって物事を行うこと」「緊張感やけじめのないなあなあの関係」を意味しています。

「協調性」「馴れ合い」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。