スポンサーリンク

「服喪中」と「喪中」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「服喪中」と「喪中」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「服喪中」「喪中」という言葉には一体どの様な違いがあるのでしょうか。

それぞれの意味と概要について紹介します。

スポンサーリンク

「服喪中」とは?

「服喪中」とは?

「服喪中」の意味と使い方について紹介します。

意味

「服喪中」「ふくもちゅう」と読み、「自分の親族が亡くなり、喪に服している期間であること」という意味です。

故人に対して哀悼の意を表し、身を慎んでいることを表す言葉です。

使い方

「服喪中」は、自分の親族が亡くなったことにより、一定期間は華美な振る舞いやお祝いごとなどを避けるという習慣のことです。

本来お酒などの嗜好品を避けたり、外出をしないなどがありましたが、現代ではかなり緩くなっています。

「喪中」とは?

「喪中」の意味と使い方について紹介します。

意味

「喪中」「もちゅう」と読み、「身内が亡くなり、喪に服している期間であること」という意味です。

「服喪中」が省略されて「喪中」になったと言われ、「服喪中」と意味は同じです。

使い方

「喪中」は、どちらかと言うと「単に身内が亡くなって間もない事」を伝える意味で使われます。

「服喪中」が故人を悼むというニュアンスが強いのに対して、「喪中」「喪中につき」など、事実を伝える意味で使われてることが多いのです。

「服喪中」と「喪中」の違い!

「服喪中」と「喪中」の違い!

「服喪中」「喪中」は、どちらも「身内が亡くなり喪に服している期間」という同じ意味です。

どちらかといと「服喪中」の方が故人を悼むニュアンスが強いのですが、どちらを使っても問題ありません。

まとめ

まとめ

「服喪中」「喪中」は同じ意味で、どちらでも使えます。

その時の気持ちや雰囲気に合わせて使い分けて良いでしょう。