「不要」と「不用」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不要」と「不用」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「不要」「不用」は類似した意味合いを持っている紛らわしい同音異義語ですが、「不要」「不用」の意味の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「不要」「不用」の意味の違いを詳しく説明していきます。

「不要」の意味や使い方

「不要」の意味や使い方

「不要」という表現は、「ある物事・行為・人員などが必要ではないこと(必ずしも必要ではないこと)」「必要ではないさま・要らないこと」を意味しています。

「不要」の表現の使い方は、「この仕事では手助けは不要です」のように、「必要ではないこと」を意味して使うという使い方になります。

「不用」の意味や使い方

「不用」の意味や使い方

「不用」という表現は、「あるものを使わないこと・使用しないこと」「あるものが役に立たないこと・使い道がないこと」を意味しています。

「不用」には、「何も有用な行為をせずに怠けているさま」「悪事をしたりして世間で用いられないこと」といった今ではほとんど使われない意味合いもあります。

「不用」の表現の使い方は、「不用品を粗大ゴミとして出しました」のように、「使っていないこと・役に立たないこと」を意味して使う使い方になります。

「不要」と「不用」の違い

「不要」と「不用」の違い

「不要」「不用」の意味の違いを、分かりやすく解説していきます。

「不要」というのは、「ある物事・行為などが必要ではないこと」「必要ではないさま・要らないさま」を意味する言葉です。

「不要」という表現は、「必要性の否定(あるものが要らない)」という意味のニュアンスを強く持っています。

それに対して、「不用」という言葉は「使わないこと(使用しないこと)」「役に立たないこと(使い道がないこと)」「有用な働きをせずに怠けているさま」などの意味を持っているという違いがあります。

「不用」という言葉は「不要」と比較すると、「かつて使用していたものを使わない・使用しない」「あるものの使い道がなくて役に立たない」という意味のニュアンスが強くなっているという違いを指摘することができます。

「不要」を使った例文と意味を解釈

「不要」を使った例文と意味を解釈

「不要」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「この賃貸物件は保証人が不要なので、親きょうだいに保証人を頼まなくても自分だけで借りることができそうです」

この「不要」を使った例文は、「不要」という表現を、「この賃貸物件は保証人が必要ないので」という意味を持つ文章で使っています。

「不用」を使った例文と意味を解釈

「不用」を使った例文と意味を解釈

「不用」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「引っ越しをすることが決まったので、不用な家具や雑貨を思いきって捨てることにしました」

この「不用」を使った例文は、「不用」という表現を、「もう使わない(使用していない)家具や雑貨を思いきって捨てることにしました」という意味合いで使っています。

まとめ

まとめ

「不要」「不用」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「不要」というのは、「必要ではないこと・必要ではないさま」を意味する言葉です。

それに対して、「不用」というのは「使わないこと・役に立たないこと・怠けているさま」の意味合いを持っています。

「不要」「不用」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。