「目論見書」と「運用報告書」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「目論見書」と「運用報告書」の違い 金融・経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「目論見書」「運用報告書」は投資信託の確認書類として類似したイメージを持たれている用語ですが、「目論見書」「運用報告書」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「目論見書」「運用報告書」の違いを詳しく解説していきます。

「目論見書」とは?

「目論見書」とは?

「目論見書(もくろみしょ)」という投資用語は、「投資家が投資判断をするための投資信託に関する計画書・詳細な説明」を意味しています。

「目論見書」には、「投資信託の目的・投資対象・環境分析・リスク・分配金の予測・実績・資産規模・申込方法・手数料と税金」などについて記載されています。

「運用報告書」とは?

「運用報告書」とは?

「運用報告書(うんようほうこくしょ)」という投資用語は、「投資信託の運用状況・基準価額の推移・資産状況・今後の投資方針を、決算期ごとに図表・グラフを交えて詳しく報告している書類」を意味しています。

「運用報告書」とは、「投資信託の運用状況に関する成績表のようなレポート、ベンチマーク(目標)との差異を分析して今後の運用方針をどうするのかの報告書」を意味している言葉なのです。

「目論見書」と「運用報告書」の違い!

「目論見書」と「運用報告書」の違い!

「目論見書」「運用報告書」の違いを、分かりやすく説明します。

「目論見書」というのは、「投資家が投資判断をするための投資信託についての計画書」を意味する用語です。

「目論見書」には、「投資信託の目的と投資対象・決算と分配金・リスク・運用実績・申込方法・手数料」などの情報が詳しく書かれています。

それに対して、「運用報告書」「目論見書に記載していた目的・分配金などをどれくらい実現できたのかをチェックできる投資信託の運用結果のレポート」を意味しているという違いがあります。

「運用報告書」には、「投資信託の運用状況(基準価額の変化)・資産状況・今後の投資方針」などが記されています。

まとめ

まとめ

「目論見書」「運用報告書」の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか? 「目論見書」という用語は、「投資信託をどのような目的・基準・環境分析でどんな対象に対して投資していくのかという資産運用の計画書」を意味しています。

それに対して、「運用報告書」という用語は「投資信託の運用状況(基準価額の変化)・資産状況(資産規模の変化)・今後の投資方針を、決算期ごとに図表を交えて報告してくれる書類」の意味合いを持っています。

「目論見書」「運用報告書」の違いを詳しく知りたい時には、この記事の解説を読み込んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
金融・経済
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物