スポンサーリンク

「業務日誌」と「業務日報」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「業務日誌」と「業務日報」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ほぼ同じ意味合いの「業務日誌」「業務日報」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「業務日誌」とは?

「業務日誌」とは?

業務の日々の内容・特記すべき出来事などを報告する書類のことで、日誌であるためその日の業務記録を報告することが基本です。

日誌そのものには主観的な感想や客観的な情報の両方を記載することが可能で、仲間や他人に対して有益な情報を共有するという目的があるという意味合いがありますが、業務日誌の場合、上司に見せること、会社全体の管理に役立てるということが目的であるため、あまり主観的な感想は求められないケースもあります。

ただし、業務日誌には主観的な感想を記載するケースもあり、感想からも社員の考えを汲み取るという意図がある場合もあります。

「業務日報」とは?

「業務日報」とは?

自分が行なっている業務を上司に報告するためにあるもので、この部分での意味合いは日誌とは決定的な差がありません。

日報は上司、第三者に対して報告するために作る書類で、客観的な分析や情報、改善策など集団に対して貢献する内容が求められたものという定義がありますが、日誌であっても同僚の間で読むものではなく、上司にも読むことが前提となります。

より客観的な方向を目指しているのが日報と定義することが出来ますが、主観的な感想を日報に記載するスペースが有るケースもあります。

ただしメインとしては主観的な感想ではなく、第三者に向けたものがより業務日報的です。

「業務日誌」と「業務日報」の違い

「業務日誌」と「業務日報」の違い

「業務日誌」「業務日報」の違いを、分かりやすく解説します。

「業務日誌」「業務日報」は同じ社員が同じ内容で並行してそれぞれ日誌と日報を書くことはほぼなく、名称的に業務日誌か業務日報などに一本化しているケースが一般的です。

業務日誌などをもとに、より俯瞰的に見たものを週報や月報として提出するケースもありえます。

言葉として業務日誌と業務日報は非常に近しいものがあり、会社内で提出するものが業務日報だったとしても社内同士の会話で「日誌書き終わった?」というのはそれほど大きな問題ではないと言えるでしょう。

また、業務日誌という慣習が続いている会社において業務日報に名称するケースというのもかなり稀ということが出来ます。

業務日誌と業務日報はその業務において日々あった出来事、特記すべき出来事、個人的な感想、上司に伝えるべきことなど、業務侵攻の判断、社員とのコミュニケーションと言った意味合いも含まれるケースもあります。

日報ならではという記載事項はなく、日報のほうが第三者的な視点の記事という定義もあります。

まとめ

まとめ

「業務日誌」「業務日報」はある程度書きやすいスタイルで、極端な理想としては日報から業務改善のヒントや社内で苦しむ人の発見なども目標となり得るものではあり、重要度の大きなものですが、日誌と日報には決定的な差がないとも言え、出来事においては日誌にも日報にも記載され、感想が入る余地があるのが日誌と言われますが、日報で感想を入れるスペースが有っても問題ありません。