スポンサーリンク

「漫画家」と「作家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「漫画家」と「作家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「漫画家」「作家」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「漫画家」とは?

「漫画家」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「漫画家」「まんがか」と読みます。

「漫画家」「漫画を描く人。

それを職業にする人」
という意味があります。

文字と絵を組み合わせて、様々な物語を描き、読む人を楽しませるエンターテインメントが「漫画」で、その漫画を描くことを職業にする人を、「漫画家」と言います。

漫画を描くことを生涯の仕事にしようと、空いた時間を使って漫画を描く人を、「漫画家志望の人」と言うことができます。

将来、小説を書いて生きていくか、漫画を描いて生きていくか迷っているという人は、「将来の仕事として、漫画家か小説家か迷っている」などと言う文章にすることができます。

他にも、「お気に入りの漫画家ができたから、全部の作品を買っている」とか、「私の彼氏は漫画家だ」などという文章を作ることができます。

「作家」とは?

「作家」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「作家」「さっか」と読みます。

「作家」「芸術作品の制作をする人。

または、それを職業とする人」
という意味があります。

ちなみに「芸術(げいじゅつ)」とは、「演劇」「映画」「舞踏」「オペラ」や、「音楽」「文学」「絵画」「彫刻」などを指します。

このような芸術作品を作る人のことを、「作家」と呼びます。

中でも「小説家」を意味することが強い言葉になります。

ただし、「漫画家」に対しても「作家」と呼ぶことがあります。

例えば、ある漫画誌に連載している作品を指して、「この作品を描いている作家は誰だっけ」などと、「漫画家」「作家」と呼ぶこともあります。

漫画を掲載している雑誌の編集部のパーティには、たくさんの「漫画家」が集まりますが、このような時、「作家に失礼が無いように」などと、編集部の中で注意事項として話されることがあります。

「漫画家」と「作家」の違い

「漫画家」「作家」の違いを、分かりやすく解説します。

「漫画家」「漫画を描く人。

それを職業にする人」
という意味があります。

一方で「作家」「芸術作品の制作をする人。

または、それを職業とする人」
という意味があります。

一般的に「作家」と言えば、小説家を指すことが多いのですが、「漫画家」を指すこともあります。

そのため、「漫画家」「作家」という言葉を使い、同じ人を表現することができます。

このように「漫画家」には「漫画を描く人」という意味があり、「作家」には「芸術作品を制作する人」という意味の違いがありますが、「漫画家」「作家」は、同じ人のことを意味することもあります。

まとめ

「漫画家」「作家」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物