スポンサーリンク

「ih用フライパン」と「ガス火専用フライパン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ih用フライパン」と「ガス火専用フライパン」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

調理用具売り場では「ih用フライパン」「ガス火専用フライパン」の2種類が売られています。

このふたつはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、「ih用フライパン」「ガス火専用フライパン」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「ih用フライパン」とは?

「ih用フライパン」とは?

「ih用フライパン」とは、「ihクッキングヒーターで使えるフライパン」です。

炎を使わずコイルに流れる電流により金属製の調理器具を直接加熱する調理器のことを「ihクッキングヒーター」といいます。

ihクッキングヒーター従来のコンロやかまどのように炎で熱して鍋や釜などの調理器具を温めるのではなく電流を利用した誘導加熱という方法により調理器具を直接温める仕組みになっています。

「ih用フライパン」とは「ihクッキングヒーターでの調理が可能なフライパン」を指す言葉でihクッキングヒーターの仕組みに対応した製品を指す言葉です。

ihクッキングヒーターは電流を流して加熱するという仕組みから利用できる調理器具が限定されます。

電流を正常に流す調理器具以外は使用できず、代表的なものとしては土鍋の使用が不可能です。

金属製のものでもihクッキングヒーターの基準に適合していなかったり素材によって正常に加熱されなかったりなど調理器具の使用についてはいろいろな制約がありますが、「ih用フライパン」はihクッキングヒーターで使用することを前提に製造されたフライパンなので問題なく使えます。

「ih用フライパン」の使い方

・『ホームセンターでih用フライパンを購入する』
・『新居はihクッキングヒーターなのでih用フライパンを用意しないといけない』
・『ih用フライパンといっても見た目に特徴はない』
・『ih用フライパンは金属製である』

「ガス火専用フライパン」とは?

「ガス火専用フライパン」とは?

「ガス火専用フライパン」とは、「ガス火でのみ使用できるフライパン」を意味する言葉です。

ガスコンロやガステーブルなど「ガスの火にかけて加熱し調理用に使えるフライパン」「ガス火専用フライパン」です。

専用なのでガス火以外では使用できません。

一般家庭だけでなく飲食店の厨房にも広く採用されているガスコンロは調理用の加熱器具としては最もポピュラーな設備です。

炎の熱で調理器具を加熱するのがガスコンロの仕組みですが「ガス火による加熱を想定し設計されたフライパン」「ガス火専用フライパン」でありガスによる強力な加熱と高温にしっかり耐え調理道具としても問題なく使用可能です。

「ガス火専用フライパン」の使い方

・『ガスコンロで使うのでガス火専用フライパンを購入した』
・『ガス火専用フライパンを専門店で取り寄せる』
・『深さや大きさなどガス火専用フライパンにもいろいろな種類がある』
・『ガス火専用フライパンは手入れしないとすぐに焦げ付いてしまう』

「ih用フライパン」と「ガス火専用フライパン」の違い

「ih用フライパン」と「ガス火専用フライパン」の違い

「ih用フライパン」「ガス火専用フライパン」「加熱方法」です。

「ih用フライパン」は電磁調理器による加熱に対応するフライパンで「ガス火専用フライパン」はガス火による加熱に対応しています。

具体的には「ih用フライパン」の底面には電流が流れやすいようにステンレスの貼り付けや鉄粉の吹付けなどの処理が施されていますが「ガス火専用フライパン」にはそのような特別な処理は施されていないという違いがあります。

まとめ

まとめ

同じような形状でも「ih用フライパン」「ガス火専用フライパン」では用途が異なります。

適合する調理器具を使わないと事故につながる恐れがあるので注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物