「視野」と「視界」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「視野」と「視界」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「視野」「視界」の違いを分かりやすく説明していきます。

「視野」とは?

「視野」とは?

「視野」の意味と使い方について紹介します。

意味

「視野」「しや」と読み「目を動かずに見える周辺の範囲のこと」「一点を見つめた時に見える景色の範囲のこと」という意味があります。

基本的に、眼球を動かさずにどこまで見えるかという範囲を言います。

使い方

「視野」は、目を動かさずに見える範囲の他に、光学機器のレンズを通して見える範囲や、ものごとを考える上での知識や経験の広さなどに対しても使われます。

どこまで見えるのかという基準を定める為に、「目を動かさないで」とい条件が付いているのです。

因みに科学的には「視野は〇度」と表記されることもあり、正確性が求められています。

「視界」とは?

「視界」とは?

「視界」の意味と使い方について紹介します。

意味

「視界」「しかい」と読み、「目で見渡せる範囲のこと」という意味です。

その地点からぐるっと見渡して含まれる景色のことを言います。

使い方

「視界」は、その場所にいて目を動かしたり、首を回したりして自分が見られる最大限の範囲のことを言います。

姿勢や体勢により見える範囲が変わって来ますので、正確性は求められていません。

ただ自分から見える範囲という意味で使われているのです。

「視野」と「視界」の違い!

「視野」と「視界」の違い!

「視野」は、「眼を動かさずに一点を見ている時に、見える範囲」です。

「視界」は、「眼を動かしてあちこち見回して、見える範囲」です。

2つの違いは「目を動かすかどうか」という点です。

まとめ

まとめ

「視野」「視界」は良く似ているのですが、意味が違います。

「視野」よりも広く、ざっくりとした範囲が「視界」だと覚えましょう。