スポンサーリンク

「純粋」と「生粋」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「純粋」と「生粋」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「純粋」「生粋」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「純粋」とは?

「純粋」とは?

「純粋」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「純粋」は、「じゅんすい」と読みます。

「純粋」は、「まじりけのないこと。

雑多の物が混じっていないこと。

その様子」
という意味があります。

例えば、柴犬がいる時に、過去に他の犬種の血が混じっていないことが、血統書などで証明されている場合があります。

この場合は、「この犬は、純粋な柴犬だ」など表現することができます。

また「純粋」には、「邪念や私欲のないこと。

気持ちに打算や駆け引きがないこと。

その様子」
という意味があります。

子供のころは、邪念や私欲などなく、人付き合いができたのに、大人になってからは、打算的な付き合いしかしていないという場合は、「純粋な頃の気持ちを忘れてしまった」などと反省する文章にすることができます。

さらに、「純粋」には、「そのことだけを、一途に行うこと。

ひたむきなこと」
という意味があります。

例えば、他の物事に目をくれずに、一途に研究に没頭する人がいます。

このような人の様子は、「純粋な情熱で、研究する人」などという文章にできます。

「生粋」とは?

「生粋」とは?

「生粋」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「生粋」「きっすい」と読みます。

「生粋」は、「混じりけが全くないこと」という意味があります。

例えば、生まれたのが東京の下町で、大人になってからも、下町を出たことがないというタイプの人は、「生粋の江戸っ子」などと表現することができます。

また、ある人の顔の彫が深く、外国人の血が混じっているように見られる場合があります。

しかし、日本人の血しか入っていない場合は、「彫が深くハーフのように見られるが、生粋の日本人だ」などという文章にできます。

「純粋」と「生粋」の違い

「純粋」と「生粋」の違い

「純粋」「生粋」の違いを、分かりやすく解説します。

「純粋」は、「まじりけのないこと。

雑多の物が混じっていないこと。

その様子」
という意味があります。

一方で「生粋」は、「混じりけが全くないこと」という意味があります。

この意味では、「純粋」「生粋」は、同じ意味を持ちます。

ただし、「純粋」には、他に「邪念や私欲のないこと。

気持ちに打算や駆け引きがないこと。

その様子」
などの意味があります。

子供の邪念のない様子は、「純粋な子供」と表現できますが、「生粋」にはこのような意味がないため、「生粋の子供」とは表現できません。

このように、「純粋」「生粋」には、「混じりけが全くないこと」という同じ意味がありますが、「純粋」には、他に違う意味があります。

まとめ

まとめ

「純粋」「生粋」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。