スポンサーリンク

「表示」と「掲示」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「表示」と「掲示」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「表示」「掲示」の違いを分かりやすく説明していきます。

一見すると同じように思える「表示」「掲示」という2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「表示」とは?

「表示」とは?

「表示」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「表示」は、「ひょうじ」と読みます。

「表示」は、「はっきりと表し示すこと」という意味があります。

例えば、食料品を販売するときは、パッケージに原料などを印刷し、はっきりと消費者に示す必要があります。

このような場面では、「食料品の原料を、ラベルに表示する」などという文章にできます。

また、誰かに対して自分の考えていることを、ハッキリと表し示すような場面があるかもしれません。

この場合は、「意思表示をする」という文章にできます。

さらに「表示」には、「図表にして示すこと」という意味があります。

例えば、農作物の生産額を図表にして分かりやすく示すような場面では、「農作物の生産額を表示する」などという文章を作ることができます。

「掲示」とは?

「掲示」とは?

「掲示」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「掲示」「けいじ」と読みます。

「掲示」は、「人に伝えるべき事柄を、紙に書くなどして掲げ示すこと。

またその文書など」
という意味があります。

例えば、大学や高校受験の際に、合格者の名前を、模造紙などに書き、壁などに貼って掲げ示すことがあります。

このような場面では、「合格者の氏名を、模造紙に書いて掲示する」などという文章を作ることができます。

また、危険な場所がある場合に、看板に危険な場所である旨を書き、看板を立ててみてもらうような場合は、「危険な場所だと伝えるため、看板を掲示する」などという文章にできます。

さらに、人に伝えたいことなどを、インターネット上の板と呼ばれる場所に書いて、他の人に見てもらう場合、その板のことを「掲示板」と呼びます。

例えば、自分が推しているアイドルについて、ネット上の板に書きこむ場合は、「推しのアイドルについて、掲示板に書き込む」などという文章にできます。

「表示」と「掲示」の違い

「表示」と「掲示」の違い

「表示」「掲示」の違いを、分かりやすく解説します。

「表示」は、「はっきりと表し示すこと」という意味があります。

一方で「掲示」は、「人に伝えるべき事柄を、紙に書くなどして掲げ示すこと。

またその文書など」
という意味があります。

このように、何かを表し示すことを、「表示」というのに対して、「掲示」「掲げ示すこと」という意味があります。

そのため、「表示」は、何かをはっきり示す場合に方法を問わないのに対して、「掲示」は、紙などに書いて掲げ示す方法に限定されるという違いがあります。

まとめ

まとめ

「表示」「掲示」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。