スポンサーリンク

「品性」と「品格」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「品性」と「品格」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「品性」「品格」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「品性」とは?

「品性」とは?

「品性」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「品性」は、「ひんせい」と読みます。

「品性」は、「道徳的規準から見た、その人の性質。

人格」
という意味があります。

ちなみに「道徳」には、「人々が善悪をわきまえて正しい行為をなすため、守り従わなければいけない規範の総体」という意味があります。

人が道徳的な行動をすることができるか、また、倫理観をきちんと持っている人なのかについて示唆する時、「品性」という言葉を使うことができます。

例えば、誰かの行動が、道徳的ではなく、正しいと言えないような行為だと感じる時、「品性に欠ける行為をする人」と言うことができます。

また、人の不幸を喜ぶような人は、道徳的に間違った性格の持ち主と言うことができます。

そのため、「人の不幸を喜ぶのは、品性の欠けた人だ」などという文章を作ることができます。

「品格」とは?

「品格」とは?

「品格」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「品格」「ひんかく」と読みます。

「品格」は、「その人やそのものに感じられる気高さや上品さ」という意味があります。

誰かに対して、上品さを感じたり、気高さを感じる時、「品格」という言葉を使うことができます。

例えば、会社の上司と接していると、気高さを感じたり、上品さを感じるという場合は、「品格のある上司と一緒に仕事をしている」などという文章にできます。

また、国としての、気高さや上品さを大切にしたいと、政府などが考える場合は、「国家の品格を大切しなければならない」などという文章を作ることができます。

他にも、若い人なのに、どことなく上品さや気高さが感じられる人がいる場合は、「あの人は若いのに、品格を備えている」などという文章にできます。

「品性」と「品格」の違い

「品性」と「品格」の違い

「品性」「品格」の違いを、分かりやすく解説します。

「品性」は、「道徳的規準から見た、その人の性質。

人格」
という意味があります。

一方で、「品格」は、「その人やそのものに感じられる気高さや上品さ」という意味があります。

どちらも、気高さや上品さなどについて意味する言葉という共通点があります。

ただし、「品性」は、人格や性格などから、上品さや気高さを感じるかどうかという場合に使う言葉なのに対して、「品格」は、人や物から、上品さや気高さの奮起を感じる様子を意味する言葉という違いがあります。

誰かの性格が上品かどうかを意味する場合は「品性」を使い、誰かに上品な雰囲気が備わっているような場合は、「品格」という言葉を使ってみましょう。

まとめ

まとめ

「品性」「品格」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。