「普通炊き」と「早炊き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「普通炊き」と「早炊き」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「普通炊き」「早炊き」の違いを分かりやすく説明していきます。

「普通炊き」とは?

「普通炊き」とは?

「普通炊き」の意味と概要について紹介します。

意味

「普通炊き」とは、「炊飯器を製造しているメーカーにより、研究を重ねた結果、最も美味しいとされる炊き方をプログラミングして、実施することにより炊飯する方法」という意味です。

概要

炊飯器のメーカーは、様々な実験や研究により、その炊飯器でご飯が最も美味しく炊ける方法を探し出し、それを炊飯器に「普通炊き」としてプログラミングしています。

つまり、「普通炊き」にセットすることで、最も美味しい状態に炊き上がるのです。

基本的に炊飯器は「水の吸収」「沸騰」「沸騰の持続」「蒸らし」の行程を行います。

「普通炊き」は、これらの行程を1時間程かけて行い、ふっくらとしたご飯に炊き上げるプログラムのことです。

「早炊き」とは?

「早炊き」とは?

「早炊き」の意味と概要について紹介します。

意味

「早炊き」とは、「通常の炊飯メニューより、吸水と蒸らしの時間を短くして、短時間で炊き上げるメニュー」という意味です。

概要

「早炊き」は、「吸水」「蒸らし」の行程を省くか、短縮して、その分短時間で炊飯するメニューのことです。

「普通炊き」よりも30分程早く炊飯が可能ですが、少し固めに仕上がります。

「普通炊き」と「早炊き」の違い!

「普通炊き」と「早炊き」の違い!

「普通炊き」「早炊き」の違いを、分かりやすく解説します。

炊き方

「普通炊き」「吸水」「沸騰」「沸騰の持続」「蒸らし」の行程をフル時間で炊き上げます。

「早炊き」は、「吸水」「蒸らし」の行程を短縮させて炊き上げます。

「普通炊き」は、ふっくらと炊き上がります。

「早炊き」は、少し固めに炊き上がります。

時間

「普通炊き」は、炊き上がるまでに約1時間程かかります。

「早炊き」は、炊き上がるまで30分~40分程です。

まとめ

まとめ

「普通炊き」「早炊き」は、「吸水」「蒸らし」の時間が違います。

最近では炊飯器のレベルが上がっていて、あまり大きな違いはありません。