「品行」と「品性」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「品行」と「品性」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「品行」「品性」はよく似た意味を持っている混同しやすい言葉ですが、「品行」「品性」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、例文とその解釈も紹介しながら、「品行」「品性」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「品行」の意味や使い方

「品行」の意味や使い方

「品行(ひんこう)」という表現は、「道徳的基準(人として実践すべき正しさの基準)から見た日常の行動・振る舞い・態度」を意味しています。

「品行」とは、「倫理・道徳の観点から見た、目に見える普段の行い・振る舞い」を意味している表現です。

「品行」の使い方は「品行方正な人物として尊敬を集めていました」のように、「道徳的基準から見た普段の行動・発言・態度」を意味して使う使い方になります。

「品性」の意味や使い方

「品性」の意味や使い方

「品性(ひんせい)」という表現は、「道徳的基準から見たその人の性質・人格・本性」を意味しています。

「品性」とは、「倫理・道徳の観点から見た、目には見えないその人の本質的な人格・性質」のことを意味している表現です。

「品性」の使い方は「品性下劣な人とは交際しません」のように、「道徳的基準から見た人間性・人格・本性」を指して使うという使い方になります。

「品行」と「品性」の違い

「品行」と「品性」の違い

「品行」「品性」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「品行」というのは、「道徳的基準(人としての正しさの基準)から見た普段の行動・振る舞い・態度」を意味しています。

それに対して、「品性」というのは「倫理・道徳の基準から見たその人の性質・人格・本性」を意味しているという違いがあります。

「品行」という表現は「目に見える表面的な行動・態度・振る舞いが道徳的にどう評価されるか」に意味の重点がありますが、「品性」というのは「目には見えないその人の人間性・人格が道徳的にどう評価されるか」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

「品行」を使った例文と意味を解釈

「品行」を使った例文と意味を解釈

「品行」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「彼の品行には少なからぬ問題や欠点もありましたが、本音で話してみると悪い人間ではありませんでした」

この「品行」を使った例文は、「品行」の表現を、「彼の普段の行い・態度には道徳的に少なからぬ問題や欠点もありましたが」という意味を持つ文脈で使っています。

「品性」を使った例文と意味を解釈

「品性」を使った例文と意味を解釈

「品性」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「是非善悪を分別して他者を思いやるような優れた品性を持つ人物に接していると、自分自身の背筋も伸びる思いがします」

この「品性」を使った例文は、「品性」の表現を、「是非善悪を分別して他者を思いやるような優れた人格・本性(人柄の本質)を持つ人物に接していると」という意味合いで使っています。

まとめ

まとめ

「品行」「品性」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「品行」という表現は、「道徳的基準から見た普段の行動・態度」を意味しています。

それに対して、「品性」という表現は「道徳的な基準から見たその人の性質・人格の本性」の意味を持っています。

「品行」「品性」の意味の違いを正確に調べたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。