スポンサーリンク

「アー写」と「ジャケ写」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アー写」と「ジャケ写」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アー写」「ジャケ写」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アー写」とは?

「アー写」とは?

「アー写」とはアーティスト写真を略した言葉です。

その名の通りアーティスト本人が写っている写真であり、その歌手やバンドを宣伝したり記事にする時に載せる写真素材になります。

事務所や会社の公式ホームページに載っている写真も「アー写」ですし、話題になって雑誌やネット記事のインタビューを受けることになったときにも、その記事に載せるため新たな「アー写」を撮影する事が多いです。

またアーティストが複数人のバンドだった場合、全員が写っている「アー写」もありますが、一人しか写っていない、「アー写」もあります。

アーティストグループ全体を紹介する文章や記事で使われる写真もあれば、それぞれのメンバーを紹介する記事などもあるからです。

そしてそれに写っているのが一人であっても、グループの全員が写っていても、アーティストを撮影した写真なら「アー写」になります。

「ジャケ写」とは?

「ジャケ写」とは?

「ジャケ写」とはアーティストが作ったCDなどのパッケージに使われている写真である、ジャケット写真を略した言葉です。

CD等を発売する時には、作品ごとに違った写真や画像をパッケージに使って発売しますが、そのパッケージ画像がジャケットです。

その「ジャケ写」を記事に掲載することで、そのアーティストが出したあの作品についての話だと、視覚的にひと目で分かるようになります。

またジャケットに実際に使われた写真なので、新しく撮ることは新作が作られた時しかありません。

なにかの記事に「ジャケ写」が使われる時には、すでにある「ジャケ写」が使いまわしされます。

「アー写」と「ジャケ写」の違い

「アー写」と「ジャケ写」の違い

「アー写」「ジャケ写」の違いを、分かりやすく解説します。

アーティストを撮影した写真が「アー写」で、ジャケットに使われた写真が「ジャケ写」です。

「アー写」にはメンバー全員とは限らないもののアーティストが必ず写っていますが、「ジャケ写」はメンバーが写っていない写真をジャケットにすることも多いので、アーティストが写っているとは限りません。

また雑誌やネット記事で使われる場合、「アー写」はアーティスト本人やそのグループを紹介したり、アーティストたちが話をする時などに使われますが、「ジャケ写」はそのアーティストが作った作品を紹介する時に使われる写真です。

またこれらの写真が使われる場合、基本的に「アー写」は新しいものを撮影して使いますが、「ジャケ写」は許可をとった上で実際に使われているジャケットの写真を使い回すことになります。

まとめ

まとめ

「アー写」「ジャケ写」は、何の略語かを考えれば何を指しているのかすぐに分かるはずです。

「アー写」は新しいものが撮影される機会が多いので見覚えのない物も多いですが、「ジャケ写」は既存作品のジャケットに使われている写真なので、見覚えのあるものを見かけることも多いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物