スポンサーリンク

「クーデレ」と「ツンデレ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クーデレ」と「ツンデレ」の違い新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クーデレ」「ツンデレ」の違いを分かりやすく説明していきます。

気になる言葉を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「クーデレ」とは?

「クーデレ」とは?

クーデレとは無愛想に思えるけれども、仲良くなると可愛い人のこと。

第一印象は悪いけれども、お付き合いすると意外に「いい人」なのがクーデレです。

クーデレというのは「クール」「デレデレ」を組み合わせた造語です。

アニメファンから生まれた言葉で、無機質なキャラクターがストーリーを追うごとに、人間らしくなる様子から生まれた言葉です。

自分の感情をおもてに出すのが苦手で、人付き合いが下手な人をクーデレといいます。

人見知りでシャイ、打ち解けるまでに時間がかかる、少々めんどうくさい人です。

ただ愛情深い一面もあって、仲良くなると家族のような愛情を注いでくれます。

「ツンデレ」とは?

「ツンデレ」とは?

ツンデレとは言動が冷たいものの、ふとした一面に甘えん坊になることです。

ツンデレは「ツンツン」「デレデレ」が組み合わさった言葉です。

ツンツンが不機嫌な様子。

デレデレが反対に、ご機嫌な態度をあらわします。

同じ人なのに二面性があるのがツンデレの特徴です。

ツンデレも元々は、漫画のキャラクター分析から生まれた用語です。

しだいに恋愛や職場でまわりの人を例える語に「ツンデレ」が使われるようになりました。

ツンデレな人というと、ギャップのあるモテキャラの代表格です。

いつもは強がっていて、あるシーンになると途端にキャラが変わるのがツンデレの魅力です。

掴みどころのない性格に、思わず誰もが夢中になります。

「クーデレ」と「ツンデレ」の違い

「クーデレ」と「ツンデレ」の違い

どちらも「デレ」が付くので、見分けを付けにくいです。

「クーデレ」「ツンデレ」の違いを、分かりやすく解説します。

・クールなクーデレ、不機嫌なツンデレ
「クーデレ」「ツンデレ」はとても似ていますが、少しだけニュアンスが異なっています。

まずクーデレの根底にあるのは、カッコいいこと。

男性ならインテリ、女性ならサバサバした潔さをあらわします。

落ちついていて、知性と教養があるのがクーデレです。

スキが無いように思えても、仲良くなると「デレデレとした人間らしさ」も覗かせてくれます。

噛めば噛むほど、キャラクターの良さが引き立ってくるのがクーデレです。

一方でツンデレのベースにあるのは不機嫌さです。

自分で自分をもてあましているような「特有の歯がゆさ」がツンデレにはあります。

一方で大好きな人の前ではデレデレするなど、ご機嫌で可愛らしい側面ももっています。

不機嫌なニャンコとご機嫌なワンちゃんが、一緒に暮らしているのがツンデレです。

まとめると知的な優等生で、親しくなるとお茶目なのがクーデレ。

怒りん坊でありながら、憎めないギャップもあるのがツンデレです。

まとめ

まとめ

「クーデレ」「ツンデレ」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらもアニメのキャラを例えた言葉です。

クーデレとは初対面はクール、仲良くなるとデレデレする知的な人です。

そしてツンデレはツンとした日もあればデレっとした日もある、お天気屋さんをあらわします。

色んな語を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物