スポンサーリンク

「グランドセイコー」と「キングセイコー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グランドセイコー」と「キングセイコー」の違い専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは「グランドセイコー」「キングセイコー」がどのようなものがご存知でしょうか?

そこでこの記事では、「グランドセイコー」「キングセイコー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「グランドセイコー」とは?

「グランドセイコー」とは?

「グランドセイコー」は2017年にブランドとしてセイコーから独立してデザイン上の制約がないセイコー時計の国際ブランドのこと」を指しています。

「グランドセイコー」の機械式時計を見ると、精密加工技術によって調速脱進機を製造してヒゲゼンマイも自製して高精度を実現したのです。

「キングセイコー」とは?

「キングセイコー」とは?

「キングセイコー」「グランドセイコー」と同じように「1960年代にセイコーが手がけた高級時計の名称のこと」を指しています。

セイコーは諏訪精工舎・第二精工舎の2つの生産拠点があったのですが、同じ精工舎の兄弟企業ありながら、各々は自主独立しており、ライバル関係にありました。

その中で長野県諏訪を拠点がある諏訪精工舎は社スイス製高級時計を意識したグランドセイコーを開発。

これに対抗するために東京亀戸を拠点に第二精工舎はキングセイコーを開発したのです。

「グランドセイコー」と「キングセイコー」の違い

「グランドセイコー」と「キングセイコー」の違い

では、ここで「グランドセイコー」「キングセイコー」の違いを見て行きましょう。

どのような相違点はあるのでしょうか?「グランドセイコー」「セイコーの技術力を可能な限り詰め込んだのが国際ブランド」であり、精度調整などの製造過程を多少簡略化させて比較的に価格を抑えて同じ程度のクオリティを持った時計が「キングセイコー」になるのです。

この「グランドセイコー」「キングセイコー」の2つは、前述の通り、別々の工場で作られていた時期がありますが、工場を隔てずに同じラインで製造していた時期もありました。

「グランドセイコー」の例文

「グランドセイコー」の例文

では、ここで「グランドセイコー」の例文を見て行くことにいたしましょう。

具体的には、以下のような文章を見ることができます。

・『1960年にセイコーはスイス高級腕時計に対抗するために国産の最高級腕時計として初代のグランドセイコーをリリースしたのです』
・『グランドセイコーは9Sメカニカル・9Fクォーツ・9Rスプリングドライブという3つのタイプの駆動方式を使い分けて、完全国内生産されるムーブメントの数々には同社の技術力が結集されているのだ』

「キングセイコー」の例文

「キングセイコー」の例文

続いて「キングセイコー」の例文を見て行くことにいたしましょう。

・『キングセイコーは1961年に初代モデルがリリースされたのですが、ファーストモデルは機能・デザインとも高級時計の風格を持った見事な仕上がりとなったのです』
・『東京・亀戸が拠点であった第二精工舎がキングセイコーを開発することになった』

まとめ

まとめ

ここまで「グランドセイコー」「キングセイコー」はどのような時計なのか、違いも含めて説明してきました。

セイコーでも2つのブランドが同時に立ち上がったことはあまり知られていないことかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
専門用語・業界用語
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物