スポンサーリンク

「ウォークスルークローゼット」と「ウォークインクローゼット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウォークスルークローゼット」と「ウォークインクローゼット」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウォークスルークローゼット」「ウォークインクローゼット」の違いを、分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ウォークスルークローゼット」とは?

あえて扉がない収納スペースを「ウォークスルークローゼット」と呼び、服をハンガーに掛けておけますし、クローゼット部分がむき出しの状態ですのでどこに何が掛かっているかすぐに分かるのが魅力的です。

左右の収納部分の真ん中は人が通れるようになっていたり、部屋には出入り口が2つあるため自分が入りたい方向から入ることが可能です。

出入り口はそれぞれ違う部屋へと出られるように作られている理由には回遊性を高め、自分が動きたい方向にすぐ行けるようにするためです。

この出入り口にもドアをあえて取り付けていないので、出入りしやすくしています。

「ウォークインクローゼット」とは?

高さも幅も奥行きも人が入れるほど大きいのが「ウォークインクローゼット」であり、扉がないものと付いているタイプがあります。

数多くの服が掛けられて、大量の服が収納できるのが魅力的ですし、高さがあるので丈の長いワンピースやコートも裾が付くことなく掛けられますし、奥行きがあるためゆったりと大きなサイズの服も収納できます。

人がすっぽりと中に入って服を選べるその広さは2から3畳が一番人気であり、中央部分の空間を活かしてタンスを置いて下着入れにするなど、使い勝手を自分なりに考えられるのも魅力です。

「ウォークスルークローゼット」と「ウォークインクローゼット」の違い

「ウォークスルークローゼット」「ウォークインクローゼット」の違いを、分かりやすく解説します。

扉を取り付けていないため掛けて収納する服がどこにあるかすぐに見つけられますし、取り出しやすく、洗濯したものをすぐハンガーにそのままの状態で掛けられるのが「ウォークスルークローゼット」です。

扉がないだけに、通気性がいいためカビの繁殖も抑えられて、臭いがこもりにくいのもいいところです。

一方の「ウォークインクローゼット」は大柄な人でも全身入られるほどの広さと高さがあり、形状は一辺だけ収納できるⅠ型や奥の空間も活用できるⅡ型などの違いがあります。

「ウォークスルークローゼット」の例文

・『店のようなおしゃれ空間を演出できるのがウォークスルークローゼットの良さだ』
扉がないだけに、お店で販売するようにお気に入りの服を掛けて収納できるところが楽しめるところです。

・『幅がある廊下のスペースをうまく使って服を掛けられるよう工夫できるのがウォークスルークローゼットの魅力だ』
幅がある廊下のスペースを利用してうまくお気に入りの服をかけられますし、窓の光が入り込みますので奥も見やすいが魅力的です。

「ウォークインクローゼット」の例文

・『L字型のウォークインクローゼットなら収納スペースの奥と通路の片側にハンガーで掛けられる空間が作れる』
角がデットスペースになるL字型は、配置を考えてから収納箱を置くことで空間をうまく有効活用できます。

・『U字型のウォークインクローゼットなら両側と奥が使えるため収納力が必要な人に最適だ』
他の型よりも集能力があるU字型なら、奥のスペースも使えるので桐タンスも難なく置けて着物の収納も可能です。

まとめ

どちらも収納力に優れている収納スペースであり、たくさんの服を掛けたり、タンスを置いて下着も装飾品も収納したい人に最適です。

家の間取りを考えたり、毎日の動きに合わせて、使い勝手がいい方を選べばより自分が求めている理想的な収納スペースになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物