スポンサーリンク

「ヒラマサ」と「ハマチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ヒラマサ」と「ハマチ」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ヒラマサ」「ハマチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「ヒラマサ」とは?

「ヒラマサ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ヒラマサ」は、「平政」と漢字表記します。

「ヒラマサ」は、「アジ科の海水魚で、全長約2mのもの。

形態や生態はブリに似ているが、側扁が強く、体側中央を、黄色縦帯の色が濃く走っている」
という意味があります。

「ヒラマサ」は、漁獲量が少ないため、高級魚となっており、身が引き締まっていて美味しいと評判です。

九州地方を中心に水揚げされているため、「九州に旅行に行ったら、ヒラマサの刺身を食べてみたい」などという文章を作ることができます。

「ブリ」の仲間として、「ブリ」「カンパチ」と並び「ヒラマサ」は御三家と呼ばれるほど、この三種類の魚は見た目がよく似ています。

「ハマチ」とは?

「ハマチ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ハマチ」「?」と英語表記します。

「ハマチ」は、「ブリの若魚のこと。

全長20cmから40cmのもの」
という意味があります。

関西地方では、ブリの若魚のことを意味しますが、関東では、大きさに関係なく「ブリの養殖もの」「ハマチ」と呼びます。

ちなみに、「ブリ」は出生魚とされていて、関西では「ツバス」「ハマチ」「メジロ」「ブリ」と、成長するたびに名前が変わっていきます。

「ハマチ」は、身体が丸みを帯びていて、脂がのっていることが特徴です。

そのため、「こってした刺身を食べたいときは、ハマチを食べるようにしている」などという文章を作ることができます。

「ヒラマサ」と「ハマチ」の違い

「ヒラマサ」「ハマチ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ヒラマサ」は、「アジ科の海水魚で、全長約2mのもの。

形態や生態はブリに似ているが、側扁が強く、体側中央を、黄色縦帯の色が濃く走る」
という意味があり、「ハマチ」「ブリの若魚のこと。

全長20cmから40cmのもの」
という意味があります。

「ヒラマサ」「ハマチ」を含む「ブリ」は、見た目がとても似ていて、魚に詳しくないと区別することが難しいかもしれません。

ただし、「ヒラマサ」「ハマチ」には、体側中央に黄色い帯がありますが、「ヒラマサ」の方が濃い色をしているという違いがあります。

また、体つきが、「ヒラマサ」よりも「ハマチ」の方がぽっちゃりしているという違いもあります。

このように、「ヒラマサ」「ハマチ」は別の魚ですが、見た目が似ていて区別がつきにくいものの、「ヒラマサ」の方が、黄色い帯が濃く、「ハマチ」のほうがぽっちゃりしているという違いがあります。

まとめ

「ヒラマサ」「ハマチ」の違いについて見てきました。

二つの言葉には明確な意味の違いがありました。

「ヒラマサ」「ハマチ」の特徴を知ることで、魚屋さんなどで区別しやすくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物