スポンサーリンク

「出家」と「在家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「出家」と「在家」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「出家」「在家」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「出家」とは?

最初に「出家」の意味をご説明致します。

「出家」(しゅっけ)とは、仏道を極めるために家を出て、修行すること指しております。

修行場所は、神社やお寺などになります。

「在家」とは?

次に「在家」の意味を解説していきます。

「在家」の意味ですが、様々な意味があります。

まず1つ目が、「出家」をせず普通に暮らしながら、仏道を極めるために日々精進している方を指します。

もうひとつの意味としては、田舎の家を指す言葉となります。

「出家」と「在家」の違いとは?

この項目においては、「出家」「在家」の違いを取り上げてみましょう。

先ず両者の共通項としては、「仏教」「仏道」に関する言葉ということだけは押さえておくと非常に分かりやすいでしょう。

違いとしては、「出家」の場合は、道を極めるために家を出て、普通の生活を手放すことを指しております。

普通の生活を手放して、修行することです。

「在家」の方は、普通の生活をしながら、仏教に対して日々精進する方を指す言葉となります。

また、田舎の家を表す言葉となります。

「出家」と「在家」の使い方の違い

ここでは「出家」「在家」の使い方の違いを説明します。

「出家」を使う場合は、普通の生活を手放して、家を出て仏教に対しての修行している方を指すときに使います。

「在家」を使うときは、家で暮らしながら、仏教の道に精進しいている方を指したり、田舎の家を表すときに使われるのです。

それぞれの使い方を書きます。

前者の使い方
「明日から彼は出家して、仏教の道に入ると言っておりました。彼の健康を祈っております」
後者の使い方
「在家したままでも仏教のことは、きちんと学ぶことはできます」

「出家」を使った例文

それでは「出家」を使った例文を書いていきます。

・『出家して10年目にして、和尚様に認められて、寺を持つことができました』
・『出家するとは並大抵の覚悟ではないのだろう。我々も彼を応援してやろうではないか』
・『出家したストレスから心身ともに病んでしまう人も少なくないようだ』
・『出家するとお寺や神社で修行するようだが、スマホや甘いものなどは、一切手にすることも口にすることも不可能になってしまいます』

・『出家して修行するのは非常に辛いことです』

「在家」を使った例文

最後の項目において、「在家」を使った例文を書きます。

・『在家したまま仏道を学んでおります』
・『田舎の在家の価値が高まっていると聞きました』
・『在家している方からすると、出家して学んでいる人は凄いと思います』
・『在家していても、仏教へ尊敬は薄れることはありません』
・『在家は田舎に多くあると聞きましたので、今度の休みにでも行ってみます』

まとめ

まとめとして、「出家」普通の生活を手放して、家を出て仏道を極めることを指しております。

「在家」の場合は、家にいて普通の生活をしながら、仏教を学ぶことです。

また、田舎の家を指すときにも使われる言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物