「孤立」と「孤独」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「孤立」と「孤独」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは日常生活の中で、似たような言葉を巧みに使い分けてコミュニケーションを図っていることと思います。

その中で「孤立」「孤独」という言葉については、これらの言葉の違いをご存知でしょうか?

今回は、「孤立」「孤独」にフォーカスしていきたいと思います。

「孤立」と「孤独」各々の解釈

まず、「孤立」「孤独」それぞれの意味や使い方を見ていくことにします。

「孤立」の意味や使い方

「孤立」とは「助けを得ることができずに、独り切りに離された状態に置かれること」という意味がある言葉です。

「世間から孤立した島」というような使い方をしています。

この他にも「他から離れて1つあるいは1人だけであること」という意味もあり、「一軒だけ孤立している農家」というような使い方がされています。

「孤独」の意味や使い方

「孤独」とは「ひとりぼっちであること」という意味を持つ言葉で、「孤独感」などの使い方をしています。

「孤立」と「孤独」の違い

では、「孤立」「孤独」には、どのような解釈の違いがあるのでしょうか?

「孤独」とは、「志や考え方などが同じ人や精神的なつながりのある人が自分の近くにいなくて1人になること」です。

自ら人間関係を絶とうとしていることではではありません。

精神的な違いなどにより、結果的に1人になってしまっている状態のことを指しています。

一方の「孤立」「人間関係から離れて助けもなく1人だけ存在すること」という解釈になります。

人とのつながりを絶って人間関係から距離を置いている状態です。

その点が2つの意味の相違点と言えます。

「孤立」と「孤独」各々を使った例文と意味を解釈

では、ここで「孤立」「孤独」を使った例文を見ながら、具体的な活動シーンをイメージしていくことにします。

「孤立」を使った例文と意味を解釈

「昨夜の豪雨で崖が崩れてしまい、孤立してしまった」

台風シーズンになると、このようなことが度々ニュースやインターネットの記事で報道されたり、目にすることがあります。

この「孤立」も意図せぬ結果なのですが、単なるコミュニケーションが取れないだけでなく、電気・水道・ガスなどのライフラインも止まるわけなので、迅速な復旧が望まれます。

また、「孤立」する前に避難することが、最優先です。

「孤独」を使った例文と意味を解釈

「僕は周りと考え方が異なり、いつも孤独感を覚えている」

あなたの周りにもこのような人がいるのではないかと思います。

「孤独」を感じる人は、自分の価値観と合わない人達が周りにいることで、そのようになるのですが、時には自分から周りにいることで、合わせていく努力をする必要もあるかもしれません。

そうすることで「孤独」感から脱却することができるでしょう。

まとめ

「孤立」「孤独」の言葉の意味や使い方を見てきましたが、このような環境は決して他人事ではなく、いつでも自分に襲いかかってくることとして、日頃の生活に意識を巡らしておくことが大切です。