スポンサーリンク

「単子葉類」と「双子葉類」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「単子葉類」と「双子葉類」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当記事では、「単子葉類」「双子葉類」という2つの言葉の違いを分かり易い形で解説して行きます。

スポンサーリンク

「単子葉類」とは?

単子葉類とは、たんしようるいという読み方をする言葉です。

文字で記されたこの言葉を見れば理解出来る事でしょうが、一なるものとか単位に由来する概念といった意味の単子の文字に、植物の器官の1つであるはとそのしゅるいといった意味がある葉類の文字を合体させる事によって誕生した言葉となっています。

以上の事から単子葉類は、最初の葉っぱという意味の子葉が1枚しかない植物の種類を表すのです。

「単子葉類」の使い方

単子葉類は、初めに生えて来る子葉が1枚だけという植物を表現する言葉として使われているのです。

植物は最初に生えて来る葉っぱの枚数で大きく2種に分類するというやり方があり、単子葉類はそういった方式で分けられる際の1種となります。

具体的には稲や麦、ユリやスイセン等がこの単子葉類に分類されているのです。

他にも単子葉類の葉脈は平行脈であるという部分も、特徴として覚えておきたい所だったりします。

「双子葉類」とは?

双子葉類は、そうしようるいという読み方をすべき言葉です。

漢字で書かれたこの言葉を目にすれば一目瞭然な事ですが、ふたごという意味を持っている双子の漢字に、植物の葉の分類といった意味を所有する葉類の漢字を付け足す事により成立した言葉となっています。

だからこそ双子葉類は、子葉の枚数が2枚ある植物の種類を示すのです。

「双子葉類」の使い方

双子葉類は、文字が示している通り最初に生えて来る葉が2枚である植物に対し用いられる言葉となっています。

植物を分類する1つの方法の中で、主に子葉が1枚だけの種と対比する形で登場する事が多く見られる言葉です。

ちなみにひまわりや桜、アサガオにタンポポといった植物がこの双子葉類という分類に含まれています。

更に特徴としては、双子葉類の葉脈は網状脈になっているという点も抑えておきたい所です。

「単子葉類」と「双子葉類」の違い

単子葉類と双子葉類の2つの言葉の文字表記を並べて見比べてみれば、最初の言葉が単と双という漢字の違いがある事に気付く事が出来ます。

所がその後に続くのはどちらも、子葉類という同じ漢字であり、共に植物の分類を表す言葉である点も共通点と言えるのです。

ただし最初の文字が違う事で、持つ意味合いにも違いが生まれているのでそこを理解すれば、迷う事なく使い分けを行う事が出来ます。

まず単子葉類は、最初に生えて来る子葉が1枚だけの植物を表す言葉として使われているのです。

一方の双子葉類は、子葉が2枚という植物を表現する際に用いる言葉となっています。

まとめ

2つの言葉は、4文字中3文字の漢字が同一であり、しかもどちらも植物の種類を示す言葉であるので混同する恐れは十分にある言葉同士です。

ですが最初の漢字に違いがあるため、持つ意味合い自体には明確に相違点を見出す事が出来ます。

単子葉類は、文字通り子葉が1枚だけの植物に対して使用される言葉です。

対する双子葉類は、双子という言葉で分かる様に、子葉が2枚ある植物を示す言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物