スポンサーリンク

「長屋」と「共同住宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「長屋」と「共同住宅」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「長屋」「共同住宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「長屋」とは?

「長屋」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「長屋」は、「ながや」と読みます。

「長屋」は、「細長い形の家。

棟を長く建てた家」
という意味があります。

また「長屋」には、「一棟を仕切って、数戸が住めるように作った細長い家」という意味があります。

江戸時代の江戸の町人が住んでいた家として知られていて、細長い棟が、細かく区切られ、たくさんの人たちが住めるようになっていました。

壁が薄く、隣に住んでいる人の様子が手に取るようにわかったとされているため、「長屋では、隠し事ができない」などという文章を作ることができます。

また、現代でも、このような作りの家が、歴史のある街には残されていることがあります。

このことから、「長屋で暮らすと、江戸時代の人になったようで、楽しい」などという文章にできます。

「共同住宅」とは?

「共同住宅」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「共同住宅」「きょうどうじゅうたく」と読みます。

「共同住宅」は、「一棟に2世帯以上が共同で居住する構造の住宅」という意味があります。

現代では、一軒家以外は、ほとんど「共同住宅」と呼ぶことができ、アパートやマンション、団地などが「共同住宅」となります。

一棟にたくさんの人たちが暮らしているため、近所付き合いが大切になるかもしれません。

そのため、「同じ共同住宅に住んでいる人に、挨拶をした」などという文章を作ることができます。

また、実家の一軒家で暮らしていた人が、一人暮らしをするとき、アパート暮らしを始めるかもしれません。

この場合は、「初めての共同住宅なので、人に会うたびにドキドキする」などという文章にできます。

さらに、「共同住宅」は、壁を挟みつながっているため、一つの部屋から火事が出ると、同じ「共同住宅」に住むすべての人が危機を迎えることになります。

そのため、「共同住宅で火事を出すと、たくさんの人たちが迷惑する」などと表現することができます。

「長屋」と「共同住宅」の違い

「長屋」「共同住宅」の違いを、分かりやすく解説します。

「長屋」には、「一棟を仕切って、数戸が住めるように作った細長い家」という意味があります。

「共同住宅」は、「一棟に2世帯以上が共同で居住する構造の住宅」という意味があります。

「長屋」は一棟に、2世帯以上が共同で居住しているため、「長屋」「共同住宅」と言うことができます。

ただし、「共同住宅」は、アパートやマンション、団地などの総称なのに対して、「長屋」は、基本的に平屋で、江戸時代の町人が暮らしていたような、壁が薄い、簡素な造りの建物を指すという違いがあります。

まとめ

「長屋」「共同住宅」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物