スポンサーリンク

「for」と「during」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「for」と「during」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「for」「during」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「for」とは?

「for」の意味は以下の通りです。

1つ目は「~を目的にして」という意味で、場所や目標などを目指している状態のことです。

2つ目は「~に対して」「~について」という意味で、ある人やものごとに関連していることです。

3つ目は「~と引き換えに」という意味で、ある物同士を交換することです。

4つ目は「~の理由で」という意味で、何らかの原因の為に結果が生じることです。

5つ目は「~にわたって」「~の間に」という意味で、ある距離や時間に相当する間のことです。

上記に共通するのは「あることを目的とした状態」という意味です。

「for」の使い方

「for」は前置詞として非常に数多くの意味で使われます。

基本的に、「あることを目的とする」という意味が元になり、転じて「あることを目指す」「あることに釣り合う」「あることの間に」という意味で使われています。

「during」とは?

「during」の意味は以下の通りです。

1つ目は「~の間中ずっと」という意味で、ある特定の期間の始めから終わりまである状態が続くことです。

2つ目めは「~のある時に」という意味で、何らかの出来事が特定の期間のある時に生じることです。

3つ目は「~を通じて」という意味で、あるものごと全体に対して同じ様子のことです。

上記に共通するのは「あることの間に」という意味です。

「during」の使い方

「during」は前置詞として使われ、後に期間を表す言葉が続きます。

基本的に、ある期間の始めから終わりまでずっとのことや、あることが行われる間に何かすることに使われる言葉です。

「for」と「during」の違い

「for」「あることを目的とする」「あることを目指す」「あることに釣り合う」「あることの間に」という意味です。

「during」「ある期間の始めから終わりまでずっと」「あることが行われる間に」という意味です。

「for」の例文

・『I am working hard for money. 』
(私はお金を稼ぐ為に一生懸命働いている)
・『I have studied English for ten years. 』
(私は英語を10年間勉強しています)
・『I am waiting for a bus. 』
(私はバスを待っています)

「during」の例文

・『I went to USA during summer vacation. 』
(夏休みの間アメリカに行っていました)
・『He always checks messages during lunch. 』
(彼はいつも昼食の間にメールをチェックする)
・『Please do not panic during an earthquake. 』
(地震が起きてもどうか慌てないで下さい)

まとめ

今回は「for」「during」について紹介しました。

「for」「あることの間に」「during」「あることのの間中ずっと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物