スポンサーリンク

「口下手」と「話し下手」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「口下手」と「話し下手」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「口下手」「話下手」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「口下手」とは?

「口下手」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「口下手」は、「くちべた」と読みます。

「口下手」は、「話すことが不得意で、思うことをうまく人に言えないこと。

その様子」
という意味があります。

例えば、自分の思いを上手に伝えることができず、他人と打ち解けるのが難しいタイプの人がいるかもしれません。

この場合は「口下手なので、友達ができない」などと表現することができます。

また、自分の思いを相手に上手に伝えられないため、誤解をされやすいという人がいるのではないでしょうか。

このような場合は、「口下手で誤解されやすい」などという文章を作ることができます。

さらに、話すことが不得意な様子が、度を越しているという人がいるかもしれません。

このように、本当に話すことが不得意だと感じる人と出会った場合は、「極端に口下手な人と出会った」などという文章にできます。

「話下手」とは?

「話下手」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「話下手」「はなしべた」と読みます。

「話下手」は、「話の仕方が下手なこと。

その様子。

その人」
という意味があります。

どちらかと言うと、人見知りなど、コミュニケーションを取るのが苦手な性格に原因がある場合、「話下手」と呼ばれる傾向があります。

例えば、せっかく良い企画を思いついた場合でも、上手にプレゼンできない人がいるかもしれません。

その結果、企画が実現しないことが続く場合は、「話下手のせいで、せっかく良い企画なのに実現しない」などという文章にできます。

また、人とのコミュニケーションが上手にできないため、話し方を教えてくれるワークショップなどに通う場合は、「話下手なので、話し方教室に通う」などという文章を作ることができます。

さらに、話の仕方が下手だが、人間として信用できるタイプだと感じた場合は、「話下手だが、信頼できる人」などと表現することができます。

「口下手」と「話下手」の違い

「口下手」「話下手」の違いを、分かりやすく解説します。

「口下手」は、「話すことが不得意で、思うことをうまく人に言えないこと。

その様子」
という意味があります。

一方、「話下手」は、「話の仕方が下手なこと。

その様子。

その人」
という意味があります。

このように、話すのが下手な人のことを指す言葉という共通点があります。

ただし、「口下手」は、話術が下手な人を指すのに対して、「話下手」は、人見知りなどによって、コミュニケーションが苦手なタイプの人を指すというニュアンスの違いがあります。

まとめ

「口下手」「話下手」の違いについて見てきました。

2つの言葉には、ニュアンスの違いがありました。

2つの言葉のニュアンスの違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物