スポンサーリンク

「親戚」と「遠縁」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親戚」と「遠縁」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親戚」「遠縁」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「親戚」とは?

「親戚」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「親戚」は、「しんせき」と読みます。

「親戚」は、「血縁や、婚姻によって結びつきのある人」という意味があります。

一人の人がいる時、両親がいます。

また、兄弟がいるかもしれません。

一般的に、両親と兄弟を除いた、血縁者や、婚姻により結びついている人のことを、「親戚」と呼びます。

例えば、母親の弟がいて、その弟に子供がいる場合は、「母方の親戚」と呼ぶことができます。

また、結婚相手である妻の、両親のいとこなども、「妻の親戚」などと呼ぶことができます。

このように、自分の血縁者、結婚相手の血縁者をまとめて「親戚」と呼びます。

たとえば、法事など、血縁者がたくさん集まる場所がある場合は、「法事になると、たくさんの親戚が一堂に会する」などという文章にできます。

「遠縁」とは?

「遠縁」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「遠縁」「とうえん」と読みます。

「遠縁」は、「遠い血縁。

また、その人」
という意味があります。

そのため、「遠い親戚のこと」と考えることができます。

ほとんど会ったことがない、「親戚」がいるという人は少なくないでしょう。

例えば、母の実家が北海道で、北海道にいる祖父母やいとこが、結婚して、子供を作った場合は、「遠い親戚」と呼べるため、「遠縁」と呼べるかもしれません。

また、両親のいとこの孫、などは、あまり会う機会がないかもしれません。

このような場合も、「遠縁」と呼ぶことができます。

芸能人同士が、実は遠い「親戚」だったと、発覚することがあるように、思わぬ形で、血のつながりを知る場合があります。

このような場面では、「知り合いが実は遠縁だと知って、とても驚いた」などという文章を作ることができます。

「親戚」と「遠縁」の違い

「親戚」「遠縁」の違いを、分かりやすく解説します。

「親戚」は、「血縁や、婚姻によって結びつきのある人」という意味があります。

一方「遠縁」は、「遠い血縁。

また、その人」
という意味があります。

このように、どちらも血縁者などを指す言葉という共通点があります。

ただし、「遠縁」は、遠い「親戚」を意味するため、「遠縁」「親戚」の一部と考えることができます。

そのため、「親戚」という言葉の意味の中に、「遠縁」も含まれると言い換えることができます。

このように、血縁者や婚姻により結びつきがある人全般を、「親戚」と呼ぶのに対して、その中でも、ほとんど面識がないような遠い関係の人のことを「遠縁」と呼ぶという違いがあります。

まとめ

「親戚」「遠縁」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の違いを知ることで、混同せずに使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物