スポンサーリンク

「精神科」と「心療内科」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「精神科」と「心療内科」の違いとは?二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「精神科」「心療内科」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「精神科」とは?

「精神科」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「精神科」は、「せいしんか」と読みます。

「精神科」は、「精神疾患の診療を専門とする医学の分野」という意味があります。

ちなみに「精神疾患(せいしんしっかん)」とは、「脳の機能的な障害などによって生じる疾患の総称」となります。

具体的には、統合失調症、双極性障害などの、気分障害や、パニック障害、適応障害などの不安障害、摂食障害や睡眠障害さらには、アルコールや薬物依存症などがあります。

このような精神疾患の診療を専門とする医学の分野が、「精神科」ということになります。

このような心の病には、生涯を通じて5人に一人がなるとされているため、「誰でも心の病になる可能性があるため、精神科に行くことは恥ずかしいことではない」などという文章を作ることができます。

「心療内科」とは?

「心療内科」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「心療内科」「しんりょうないか」と読みます。

「心療内科」は、「精神身体医学の立場から、病気を内科的に診断・治療する、臨床医学の分野」という意味があります。

例えば、ストレスによって精神疾患になる時、同時に、イライラして血圧が上がったり、過食に陥り糖尿病になる可能性があります。

この場合、「心療内科」では、高血圧や糖尿病など、体に現れている病気を見ていくことになります。

このことから、「心療内科では、精神疾患によって悪影響を受けた、身体にスポットを当てて、診察していく」などという文章を作ることができます。

「精神科」と「心療内科」の違い

「精神科」「心療内科」の違いを、分かりやすく解説します。

精神疾患を扱う病院の多くが、「精神科」「心療内科」という二つの看板を掲げている場合が多いため、入り口は違っても、中にいる先生は同じという場合が多く、厳密な使い分けはされていないという現実があります。

しかし、「精神科」「心療内科」には明らかな違いがあります。

精神疾患になる時、心と身体が同時にダメージを受けることになります。

この場合、「心」に主な症状が現れている病気を診察するのが「精神科」で、「身体」に主な症状が現れている病気を診察するのが「心療内科」という違いがあります。

例えば、ストレスにより、「うつ病」になったという場合は、「精神科」に診てもらうのが良く、ストレスにより、「胃潰瘍」になった場合は、「心療内科」に診てもらうのが良いということになります。

まとめ

「精神科」「心療内科」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、精神疾患になった時、どちらの病院を選べばいいのか、参考にできるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物