スポンサーリンク

「青地」と「白地」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「青地」と「白地」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「青地」「白地」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「青地」とは?

「青地」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「青地」は、「あおじ」と読みます。

「青地」は、「敷物などの地色の青いもの」という意味があります。

例えば、夏の砂浜に、青い生地に、水玉模様が鮮やかな、ワンピースを着ている女性がいるかもしれません。

このような場合は、「砂浜に、青地に水玉模様のワンピースを着た女性が歩いている」などという文章を作ることができます。

また、絵画を描くとき、海の上に浮かぶ、白い雲を表現したいと思うことがあります。

この場合は、まず青い海、空を描いてから、白い絵の具で雲を塗り重ねていくかもしれません。

この場合は「青地に白い絵の具を塗り、海と空を表現する」などという文章を作ることができます。

さらに、青いペンキで家の壁を塗ると、家と空が一体化しているように見えるかもしれません。

このような場面では「青地の家は、空との境目がなく、一体化しているようだ」などという文章にできます。

「白地」とは?

「白地」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「白地」「はくち」と読みます。

「白地」は、「白い生地」という意味があります。

この場合は「しろじ」と読むこともあります。

例えば、真っ白な生地のTシャツが好きだという人がいます。

この場合は、「白い生地のTシャツを着るのが好きだ」などという文章にできます。

また、白い壁に、子供たちに自由に絵を描かせる親がいるかもしれません。

この場合は、「白地の壁に、思い切り絵を描く子供たち」などという文章を作ることができます。

さらに「白地」には、「建造物、立木の立っていない土地。

また、法律上の調査や規制などのなされていない土地のこと」
という意味があります。

そのため、まだ、調査が入っていない土地を調べる場合は、「白地地域を調査する」などという文章にできます。

「青地」と「白地」の違い

「青地」「白地」の違いを、分かりやすく解説します。

「青地」は、「敷物などの地色の青いもの」という意味があります。

一方で、「白地」は、「白い生地」、また「建造物、立木の立っていない土地。

また、法律上の調査や規制などのなされていない土地のこと」
という意味があります。

このように、「青地」「白地」には「生地」という共通の意味があります。

この場合は、「青地」は青い生地を意味し、「白地」は、白い生地を意味するという違いがあります。

ただし、「白地」には、「建造物や、立木の立っていない土地」という意味があり、「青地」にはこのような意味がないという大きな違いがあります。

まとめ

「青地」「白地」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物