スポンサーリンク

「青田買い」と「青田売り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「青田買い」と「青田売り」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「青田買い」「青田売り」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「青田買い」とは?

「青田買い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「青田買い」は、「あおたがい」と読みます。

「青田買い」は、「秋の収穫前に、その田んぼの収穫量を見越して、先買いすること」という意味があります。

そこから転じて、「青田買い」には、「企業が人材確保のために、卒業予定の学生の採用を、早い段階で内定すること」という意味があります。

卒業前の学生を、収穫前の稲に例えて、このような言葉が生まれています。

例えば、企業がたくさんの優秀な学生を獲得しようと、他の企業と競争する場合、できるだけ早く内定を出し、人材を確保しようとするかもしれません。

このような場面では、「売り手市場のため、企業が学生を青田買いする」などという文章を作ることができます。

ちなみに、「青田刈り」という言葉を、「青田買い」と同じ意味で使う場合がありますが、本来は間違った言葉で、「青田買い」が正解になります。

「青田売り」とは?

「青田売り」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「青田売り」「あおたうり」と読みます。

「青田売り」は、「未完成の建物を販売すること」という意味があります。

新築マンションや分譲住宅などを販売する時、未完成の建物を販売する「青田売り」が主流になっています。

ただし、宅建業法において、建築確認取得前に青田売りの子王国を出してはいけないというルールがあります。

そのため、工事完了時の形状、構造などを書面で説明することが義務となっています。

このようなことから、「青田売り」をする場合は、実際の設備、さらに使用を、図面、あるいはモデルルームで確認してもらってから販売することになります。

例えば、モデルルームを見ただけで、まだ完成していない新築マンションを購入する時、「青田買いなので不安があったが、モデルルームを見て安心した」などという文章を作ることができます。

「青田買い」と「青田売り」の違い

「青田買い」「青田売り」の違いを、分かりやすく解説します。

「青田買い」は、「秋の収穫前に、その田んぼの収穫量を見越して、先買いすること」という意味があります。

一方「青田売り」は、「未完成の建物を販売すること」という意味があります。

このように、2つの言葉には「青田」という言葉が付くという共通点があります。

ただし、「青田買い」は、優秀な人材をはやめに確保するという意味があるのに対して、「青田売り」は、未完成の建物を販売するという、まるで意味が違う言葉になります。

まとめ

「青田買い」「青田売り」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物