「生産性向上」と「業務効率化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「生産性向上」と「業務効率化」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「生産性向上」「業務効率化」の違いを分かりやすく説明していきます。

「生産性向上」とは?

「生産性向上」とは?

「生産性向上」とは、何かをより多く生産できるようにすることで、その為のアイデアや具体的な方法によって実現するものです。

「生産性向上を目指して、これからその為の会議がある」などと使ったり、「生産性向上が果たせない限り、今以上の収益は期待できない」のような用いられ方になります。

その為には、今より長く生産ラインを稼動させる、効率化するなどの対策が必要になるでしょう。

「業務効率化」とは?

「業務効率化」とは?

「業務効率化」は、業務における煩雑さの解決だと解釈できます。

もっと効率よく業務が行えるようにすることがそれに当たり、簡単な例では、手書きの伝票を電子化することや、ネットの回線の高速化などが挙げられます。

先の「生産性向上」において、生産ラインの効率化をその方法の1つだと表現しましたが、もちろん生産も業務上のことなので、これも「業務効率化」と言える内容です。

前述の伝票の電子化は、社内業務の効率化に繋がるように、業務と呼べるもののいずれかの効率がよくなることが「業務効率化」と表現されます。

そして、その実現にはアイデアと実行が不可欠です。

「生産性向上」と「業務効率化」の違い

「生産性向上」と「業務効率化」の違い

「生産性向上」「業務効率化」の違いを、分かりやすく解説します。

「生産性向上」は、生産に限った効率化のことだと考えていいでしょう。

しかし、ただ効率よくするだけではなく、より多く生産できるようになることが条件です。

「業務効率化」は、色々な業務における効率を上げることで、場合によっては席順が変わっただけでもこれに繋がることがあります。

その為、具体的な内容はそれこそ様々です。

まとめ

まとめ

「生産性向上」「業務効率化」は、このような言葉です。

製造業においては、「業務効率化」「生産性向上」に繋がるケースも多く見られます。