「著名」と「有名」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「著名」と「有名」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「著名」「有名」は類似の意味を連想してしまう混同しやすい言葉ですが、「著名」「有名」の意味・使い方の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「著名」「有名」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「著名」とは?

「著名(ちょめい)」という表現は、「良い意味で(高く評価されて)、世間・世の中に広く名前が知られていること」を意味しています。

「著名」の使い方は「世界的に著名なアーティスト」「著名な観光地」のように、「良い意味で世の中に名前が広く知れ渡っている時」に使うという使い方になります。

「有名」とは?

「有名(ゆうめい)」という言葉は、「良い意味でも悪い意味でも、名前が広く知られていること(名前が知れ渡っている範囲の大小は問わず、地域や知人間でも良い)」の意味があります。

「有名」の使い方は「彼は学校の問題児として有名です」「有名な先生に教えてもらいました」のように、「良い意味や悪い意味で、広く名前が知られている場合」に使うことができます。

「著名」と「有名」の違い!

「著名」「有名」の違いを、分かりやすく解説します。

「著名」「良い意味で広く名前が知られていること」を意味していますが、「有名」「良い意味・高い評価」だけではなく「悪い意味・悪い評判」でも広く名前が知られていることを示すという違いがあります。

そのため、「凶悪事件で有名になった男」とはいいますが、「凶悪事件で著名になった男」とはいうことができないのです。

さらに「著名」「世界・国家・世の中などの広い範囲に、良い意味で名前が知れ渡っていること」を意味しますが、「有名」「広い範囲」に限らず「狭い範囲(地域・町内・友人間などの範囲)」で名前が知れ渡っている場合にも使えるという違いを指摘できます。

まとめ

「著名」「有名」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「著名」というのは、「良い意味で世間に広く名前が知られていること」を意味しています。

それに対して、「有名」という言葉には「良い意味でも悪い意味でも、(知られている範囲を問わず)広く名前が知られていること」の意味があります。

「著名」「有名」の意味の違いを詳しく知りたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。