「独占欲」と「嫉妬」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「独占欲」と「嫉妬」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「独占欲」「嫉妬」の違いを分かりやすく説明していきます。

「独占欲」とは?

「独占欲」とは、それを独り占めしたいという欲望のことです。

対象は主に人物になり、その人を独り占めしたいと考えてしまう気持ちだと表現できますが、物に対しても使うことができる言葉です。

その場合には、皆で共有するはずの物を一人でずっと使用しているような人に対し、「ちょっと独占欲が強いぞ」のように用いることもできます。

ですが、ほとんどの場合は人が対象になると考えて構わない言葉で、これが強いことから、その相手に対して様々な制限を強いるような場合が少なくありません。

「嫉妬」とは?

「嫉妬」は、人を妬む(ねたむ)感情のことで、憎いと思う気持ちも含んで使われる言葉になります。

その人の地位や才能、財産などに対してこのような感情になることや、その人が他の人と仲良くしているのが気に食わず、相手となる人に対してこのように感じてしまうことがあります。

どちらの場合にも使える言葉ですが、この「嫉妬」と聞くと、後者の「人と人との関係」に使っていると解釈することが多く、実際にもそちらとして使われる場合がほとんどだと考えていいでしょう。

地位や財産などへの妬みは、そのまま「妬み」と表現した方が分かりやすく、「嫉妬」と使われることはそれほど多くありません。

「独占欲」と「嫉妬」の違い

「独占欲」「嫉妬」の違いを、分かりやすく解説します。

「独占欲」「嫉妬」も、主に人に対して使われる言葉だと考えて構いません。

「独占欲」は、その人を独り占めしたいと思うことで、「嫉妬」は、その人と他の人との関係から、その他の人に対して感じてしまう感情になります。

その為、「独占欲」が強い人は、対象となる相手に仲がいい人などができると、すぐにその人に対して「嫉妬」してしまうことになると考えられます。

まとめ

「独占欲」「嫉妬」は、このような言葉です。

関連する部分も多いので、一緒に覚えておくといいでしょう。