「名刺入れ」と「カードケース」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「名刺入れ」と「カードケース」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「名刺入れ」「カードケース」の違いを分かりやすく説明していきます。

「名刺入れ」とは?

「名刺入れ」とは、自分の名刺や人からもらった名刺を入れておくケースです。

それらを別々にしている場合も多く、もらった名刺の方がケースではなく、見やすいようにバインダーなどで管理している人も多く居ます。

自分の名刺を入れて利用する場合、スーツの胸ポケットなどに携帯しておきます。

これによって、勤務中にいつでも(名刺を)出せるようになり、この「名刺入れ」「名刺ケース」と銘打っているものは、名刺にきちんと合った大きさになっています。

「カードケース」とは?

「カードケース」とは、カード類を収納しておく為のケースで、大きさは様々ですが、一般的なものは、いわゆる「トレーディングカード」に合ったサイズになっていることが多いです。

その種類によっても異なりますが、カードサイズが86ミリ×59ミリと、91. 5ミリ×64ミリのサイズに対応しているものが有名です。

前者は子供に人気の「遊戯王」のカードサイズで、そちらのカードの収納にはよく利用されています。

「名刺入れ」と「カードケース」の違い

「名刺入れ」「カードケース」の違いを、分かりやすく解説します。

「名刺入れ」は、名刺サイズと言われる。

91ミリ×55ミリのカードがちょうど収納できるサイズになっています。

「カードケース」には、色々な種類がありますが、先に挙げた二種類のカードに対応している大きさのものが多く、91. 5ミリ×64ミリの方は「名刺入れ」としても利用できます。

ただし、少し余裕があるので、名刺には、できれば「名刺入れ」として発売されている方を選んだ方がスマートです。

まとめ

「名刺入れ」「カードケース」は、このように違います。

「名刺入れ」「カードケース」で代用しているようなケースがまま見られますが、胸に入れておくなら、ジャストサイズの「名刺入れ」の方がおすすめになります。