シャワーヘッドの「低水圧用」と「節水シャワー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「低水圧用」と「節水シャワー」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、シャワーヘッドの「低水圧用」「節水シャワー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「低水圧用」とは?

「低水圧用」は、水圧が弱く調整されているシャワーヘッドになります。

つまり、あまり勢いよく水やお湯が出てこないタイプで、上に向けてみると、すぐに落ちてくると考えてください。

水圧がそれほど強くない方が好みの人向けで、シャワーヘッドによっては、一般的な水圧と、この低水圧が切り替えられるものもあります。

家族によって好みが違う家では、「低水圧用」と銘打っているものより、そのようなものの方がいいかも知れません。

「節水シャワー」とは?

「節水シャワー」は、使う水量を節約する為のシャワーヘッドです。

その為、水圧が心配ですが、そちらは一般的なものと変わらないところが特徴で、シャワーとして放出される「線」が減っている為にそのようなことが可能となっています。

シャワーがいくつかのその線で構成されているのは言うまでもなく、20や30の出口からそれぞれ水やお湯が放出されますが、その数が減っていることで水圧は一緒ながらも節水を実現しています。

「低水圧用」と「節水シャワー」の違い

「低水圧用」「節水シャワー」の違いを、分かりやすく解説します。

「低水圧用」は、出てくる水やお湯の勢いが弱いシャワーヘッドで、専用のものでなくても、これに切り替えが可能なタイプが存在しています。

そして、勢いが弱い分、一般的なシャワーよりは節水になると考えていいでしょう。

「節水シャワー」は、水やお湯の出口が一般的なものより減っているタイプで、水圧は変わりませんが、その分節水ができる、水圧を変えずに節水したい場合に向いているシャワーヘッドです。

まとめ

「低水圧用」「節水シャワー」は、このような違いがあります。

共に節水になることには違いありませんが、水圧はそのままがいいという場合には、「節水シャワー」がおすすめになります。