スポンサーリンク

「スクイズ」と「送りバント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「スクイズ」と「送りバント」の違いスポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「スクイズ」「送りバント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「スクイズ」とは?

「スクイズ」とは?

「スクイズ」の意味と概要について紹介します。

意味

「スクイズ」は、「三塁にるランナーを本塁に返す為に、ボールを軽くバットにあてて内野に転がすこと」です。

ピッチャーかキャッチャーが走って来てボールを取る必要があり、うまく転がせればホームペースを守りにくくなり、得点につながります。

概要

「スクイズ」は、どうしてもあと1点取りたい時に、三塁にランナーが進んだ時の作戦として使われます。

三塁ランナーには既にサインが出ていて、ピッチャーが投げると同時に飛び出してホームに突っ込んできます。

バッターは比較的近くにボールを転がし、ピッチャーがボールを取る間にランナーがホームに入れる様にするのです。

バックホームが間に合わない時には1塁に投げるしかないので、ノーアウトかワンアウトの時に取る作戦です。

「送りバント」とは?

「送りバント」とは?

「送りバント」の意味と概要について紹介します。

意味

「送りバント」は、「バッターがアウトになることを前提に、1塁にいるランナーを2塁に進塁させる為に、ボールを軽くバットにあてて内野に転がすこと」です。

最初からバントの構えをしているので、すぐに分ります。

概要

「送りバント」は、次に打率の高いバッターが控えていて、少しでもランナーを先に進めておいた方が有利な時に使う作戦です。

バッターは内野に軽くボールを転がして、ピッチャーやキャッチャーが取っても2塁に投げにくい様にします。

盗塁をするよりも確実に守備を引きつけられるので、進塁できる可能性が高くなります。

但し、チャンスは3回までで、打ちそこなうと「スリーバント失敗」でアウトになります。

「スクイズ」と「送りバント」の違い!

「スクイズ」と「送りバント」の違い!

「スクイズ」は、「三塁ランナーをホームに返す為のバント」です。

「送りバント」は、「1塁ランナーを2塁に進める為のバント」です。

まとめ

まとめ

「スクイズ」「送りバント」は、目的が違います。

野球の試合を見る機会があれ確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物