スポンサーリンク

「節約」と「ケチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「節約」と「ケチ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「節約」「ケチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「節約」とは?

「節約」とは?

「節約」の意味と使い方について紹介します。

意味

「節約」「せつやく」と読み、「無駄遣いをせずにお金を切り詰めること」という意味です。

自分が稼ぐお金と、使うお金をコントロールして、使うべき時に使う為に、普段の出費をおさえることを言います。

使い方

「節約」は名詞で「節約する・した」と使ったり、「節約家」「節約術」など複合語として使います。

無駄を省いて出費を減らすことを言い、本来必要ないものは買わなかったり、少ない金額で済む様に工夫することを表します。

「節約」の特徴は必要な時にはちゃんとお金を使うことで、目的があってお金を貯めているのです。

自分のことに対してはお金を使わなくても、周囲と合わせる為にちゃんとお金を使います。

「ケチ」とは?

「ケチ」とは?

「ケチ」の意味と使い方について紹介します。

意味

「ケチ」「金品を惜しがって出さないこと、出すことを異様なまでに嫌うこと」という意味です。

とにかくお金を使わないことに徹していて、目的の為に貯金しているのではなく、主義としてお金を使わないのです。

使い方

「ケチ」は形容動詞で「ケチだ・である」と使ったり、「どケチ」「ケチケチする」「ケチ臭い」など派生語も多くあります。

「ケチ」はお金を出すのがとにかく嫌いで、しかもお金に卑しく、1円でも得になる様に行動します。

お金を貯めることに喜びを感じていて、そのお金を使って何か良いことをしたり、自分が楽しむことなどは考えません。

「節約」と「ケチ」の違い!

「節約」と「ケチ」の違い!

「節約」「ケチ」の違いを、分かりやすく解説します。

「節約」は、「目的があって無駄遣いをしないこと」です。

「ケチ」は、「お金を貯めることが趣味や主義になっていること」です。

まとめ

まとめ

「節約」「ケチ」は、目的が全く違います。

「ドケチ」ではなく「節約家」と呼ばれる様になりましょう。