「社会不適合者」と「仕事が続かない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「社会不適合者」と「仕事が続かない」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「社会不適合者」「仕事が続かない」の違いを分かりやすく説明していきます。

「社会不適合者」とは?

「社会不適合者」の意味と概要について紹介します。

意味

「社会不適合者」とは、「社会に出て働きながら上手に人とかかわり合っていけない人」という意味です。

集団生活ができなかったり協調性がなく、人と接する仕事ができない人のことを言います。

概要

「社会不適合者」は、文字通り「社会に適合できない人のこと」です。

具体的には「飽きっぽくて会社に勤められない人」「ADHDなどで他人とすぐにトラブルを起こしてしまう人」「うまく適合している様に見せているが苦痛を感じている人」などがあります。

自分で言うこともあれば、他人に言われることもあります。

「仕事が続かない」とは?

「仕事が続かない」の意味と概要について紹介します。

意味

「仕事が続かない」は、「仕事に就いてもすぐに辞めてしまい、継続して勤務できない人」という意味です。

一般的に1年未満でやめてしまうことを表しますが、中には入社当日に辞めてしまう人もいます。

概要

「仕事が続かない」「社会不適合者」の一つのジャンルです。

その理由として、「自分に自信が持てずに『できない、ダメだ』と思い込んでしまう」「うつ状態になっている」「プライベートが安定していない」などがあります。

「社会不適合者」と「仕事が続かない」の違い!

「社会不適合者」は、「社会に出て人と上手くかかわり合えない人」です。

「仕事が続かない」は、「社会不適合者の特徴の一つで、人とうまくかかわり合えない為に定職に就けない人」です。

2つの違いは「大きなくくりの中の一つのジャンル」という点です。

まとめ

「社会不適合者」の人は基本的に「仕事が続かない」ことが多くあります。

しかし「社会不適合者」でも自分に合った仕事を見つけてうまくやっている人もいるのです。