スポンサーリンク

「撮影する」と「写真を撮る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「撮影する」と「写真を撮る」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「撮影する」「写真を撮る」は、同じ意味になる場合もあります。

スポンサーリンク

「撮影する」とは?

「撮影する」とは?

「撮影する」とは、静止画や動画を撮る行為に使われる言葉です。

静止画の時には「スチル撮影」と呼んで動画と区別することがあり、動画の場合にも「収録」と用いることで、どちらのことなのか分かるようにする場合が多いです。

単にこの「撮影」と使われただけでは、どちらなのかよく分からないことが多いからですが、「明日、ファッション雑誌の撮影がある」などと使われれば、それに載せる為の静止画のことだと分かるように、実際の使われ方から容易に区別できる場合もあります。

「写真を撮る」とは?

「写真を撮る」とは?

「写真を撮る」という表現は、「静止画の撮影」のこととなります。

最近ではフィルムカメラよりデジタルカメラで撮ることが当たり前になってきているので、あまりこの「写真を撮る」とは使われず、動画にも使われる「撮影」という言葉で表現することが多くなっています。

ですが、携帯電話で撮る場合には、「写真を撮る」と普通に使っています。

よって、本格的な「撮影」では、近年ではあまりこの「写真を撮る」とは用いませんが、一般的では静止画の撮影のことに普通に使われている表現です。

「撮影する」と「写真を撮る」の違い

「撮影する」と「写真を撮る」の違い

「撮影する」は、静止画、及び動画のどちらに対しても使える表現ですが、「写真を撮る」は、静止画だけに使うことができます。

尚、直接の意味ではありませんが、「写真を撮る」とすると、その後にプリントすることまで示唆している場合があります。

もちろんそうではないこともありますが、一般の携帯電話で撮るような場合を除き、デジタル撮影にはあまり用いられない表現の為、そういった含みが多少なりともあると考えておいてください。

まとめ

まとめ

「撮影する」は、静止画、動画を問わず、それらを撮ることの表現で、「写真を撮る」は、静止画に限られると覚えておきましょう。