「http」と「https」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「http」と「https」の違い 新語・ネット語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「http」「https」はウェブサイトのURL冒頭の表示の違い(通信規約の違い)ですが、暗号化のセキュリティーと関係する「http」「https」の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「http」「https」の違いを分かりやすく解説していきます。

「http」とは?

「http」とは、「通信内容が暗号化されていないセキュリティーが脆弱な“Hyper Text Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファープロトコル)”の通信規約・プロトコル」を意味しています。

「http」を使ったウェブサイトの閲覧は、セキュリティーの脆弱性(暗号化なし)が問題となり、悪意ある第三者から通信内容を盗聴・改ざんされる中間者攻撃などのリスクがあります。

「https」とは?

「https」とは、「通信内容が暗号化されているセキュリティーが強固な“Hyper Text Transfer Protocol Secure(ハイパーテキスト・トランスファープロトコル・セキュア)”の通信規約・プロトコル」を意味しています。

「https」ではSSL(Secure Socket Layer)やTLS(Transport Layer Security)という暗号化プロトコルを採用することで、通信内容の盗聴や改ざんを防いでいます。

また「https」では「証明書(SSLサーバ証明書)」を取得することが必須であるため、ウェブサイトの所有者の正当性を証明する機能もあります。

「http」と「https」の違い!

「http」「https」の違いを、分かりやすく解説します。

「http(Hyper Text Transfer Protocol)」「https(Hyper Text Transfer Protocol Secure)」も、ウェブサイトとサーバーの間でデータをやり取りする際の通信規約(プロトコル)を意味していますが、「https」のほうがセキュリティーレベルが格段に高くなっています。

「http」「https」の最大の違いは、「サーバーとやり取りする各種データが暗号化されているか否か」にあります。

「https」はSSL(Secure Socket Layer)やTLS(Transport Layer Security)という暗号化のプロトコルを使って、通信内容が盗聴・改ざんされることを防いでいるという「http」との違いを指摘できます。

「https」には、ウェブサイトが正当な所有者のものだと保証する「証明書(SSLサーバ証明書)」の機能もあります。

まとめ

「http」「https」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「http」というのは、「暗号化されていないためにセキュリティーが脆弱な“Hyper Text Transfer Protocol(ハイパーテキスト・トランスファープロトコル)”の通信規約・プロトコル」を意味しています。

それに対して、「https」「暗号化されているためにセキュリティーが強固な“Hyper Text Transfer Protocol Secure(ハイパーテキスト・トランスファープロトコル・セキュア)”の通信規約・プロトコル」の意味を持っています。

「http」「https」の違いを詳しく調べたい時には、この記事の説明をチェックしてみてください。