「電子署名」と「デジタル署名」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「電子署名」と「デジタル署名」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「電子署名」「デジタル署名」はほぼ同じような意味を連想させる紛らわしい二つの言葉ですが、「電子署名」「デジタル署名」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「電子署名」「デジタル署名」の違いを分かりやすく説明していきます。

「電子署名」とは?

「電子署名」とは、「文書やメッセージのデータの正当性(真正性)を証明するために付加されたデータ全般(特に短い暗号データ全般)」を意味しています。

「電子署名」というのは、「紙の書類で使われてきた押印・サインといった文書の真正性の証明方法を、電子的手段で実現したもの全般」を意味している言葉なのです。

「デジタル署名」とは?

「デジタル署名」という言葉は、「電子署名の中で、公開鍵暗号方式の仕組みを使ってデータの正当性(真正性)を証明したもの」の意味を持っています。

「デジタル署名」というのは、「送信者の秘密鍵・本文を元にした暗号データを添付して送り、受信者は送られてきた公開鍵を使って本文を解読する方式」を意味する言葉です。

「電子署名」と「デジタル署名」の違い!

「電子署名」「デジタル署名」の違いを、分かりやすく解説します。

「電子署名」というのは「紙の文書の真正性を示す押印・サインに相当する証明手段を電子的手段(各種の暗号データ)で実現したもの全般」を意味していますが、「デジタル署名」「電子署名の中でも公開鍵暗号方式を利用してデータの正当性を証明したもの」を意味しているという違いがあります。

「デジタル署名」も広義の「電子署名」の一つですが、「デジタル署名」という時には「送信者本人しか知らない秘密鍵と本文を元にした暗号データをメッセージに添付して、受信者は公開鍵を使って解読する公開鍵暗号方式」を使っているのです。

まとめ

「電子署名」「デジタル署名」の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「電子署名」というのは、「文書・メッセージのデータの正当性を証明するために付加されたデータ全般」を意味しています。

それに対して、「デジタル署名」とは「公開鍵暗号方式の仕組みを利用してデータの正当性を証明したもの」の意味合いを持っています。

「電子署名」「デジタル署名」の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。