「知」と「智」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「知」と「智」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「知」「智」は同じような意味を連想させる紛らわしい同音異義の漢字ですが、「知」「智」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「知」「智」の漢字の意味の違いを分かりやすく解説していきます。

「知」とは?

「知(ち)」という漢字・言葉は、「物事を上手くこなしたり人生をスムーズに生きるための実用的な知恵」を意味しています。

「知」とは、「物事を認識・判断・理解したり利用したりするための実際的な知的能力」「人生や精神生活を豊かにしてくれる知識(教養)・知性・知見」などを意味している言葉なのです。

「智」とは?

「智(ち)」という漢字・言葉は、「人の抱える苦悩・煩悩を乗り越えるための真理を悟ること」を意味しています。

「智」「物事の真実の姿を認識・判断するための精神作用」「人が苦悩を克服するための真理に行き着く智慧」という仏教用語としての意味を持っているのです。

「知」と「智」の違い!

「知」「智」の違いを、分かりやすく解説します。

「知」という漢字も「智」という漢字も、「物事を認識・理解・判断するための知的能力や精神作用」の共通の意味合いを持っていますが、「智」「知」と比べると「仏教用語としての意味のニュアンス」が強くなっています。

「知」とは「物事を適切にこなして人生を上手くわたっていくための一般的・実用的な知恵」に意味の重点がありますが、「智」のほうは「人の煩悩や人生の苦悩を乗り越えるための真理を悟るための仏教的な智慧(プラーナ)」に意味の重点があるという違いを指摘することができます。

「知」「日常的・実際的な知恵」を意味していて、「智」「仏教的・解脱的(悟り的)な智慧」を意味しているという違いがあるのです。

まとめ

「知」「智」の意味の違いを詳細に説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「知」という漢字は、「物事を上手くやったり人生を上手く生きるための実際的な知恵」「物事を認識・判断・理解・利用するための知的能力」を意味しています。

それに対して、「智」というのは「人間の苦悩・煩悩を乗り越えるための真理を悟ること」「物事の正しいあり方を認識・判断するための精神作用」の仏教用語の意味を持っています。

「知」「智」の意味の違いを知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。