スポンサーリンク

「演奏」と「伴奏」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「演奏」と「伴奏」の違い音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「演奏」「伴奏」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「演奏」とは?

「演奏」とは?

「演奏」の意味と概要について紹介します。

意味

「演奏」「えんそう」と読み、「人前で音楽として楽器を使い音を出すこと」という意味です。

一人ですることもあれば、複数人で集まって音楽を生じることを言います。

概要

「演奏」は、人に聴かせる目的で、楽器を使い、あるまとまった楽曲を披露することです。

尚、「演奏」には歌も含まれ、とにかく全体的にまとまりのある楽曲を聴かせる行為を表します。

「バンド演奏」は複数の違うパートが集まって楽器を使って聴かせること、「ソロ演奏」は、一人で楽器を束って聴かせることを言います。

「伴奏」とは?

「伴奏」とは?

「伴奏」の意味と概要について紹介します。

意味

「伴奏」「ばんそう」と読み、「楽曲のメロディーや歌声を引き立てるために、他の楽器で補助的に音を加えること」です。

主旋律と合わせて美しく響く様に考えられた楽器の音色のことを言います。

概要

「伴奏」「伴」「ともなう」とも読み、「メインのものに付き従う」という意味があります。

つまり、主旋律(メロディー)や、歌声(メインボーカル)を引き立てる為に、一緒に演奏して一つの楽曲として成立させる役割のことです。

ソロ歌手の後ろでギターやベース、ドラムを演奏していたり、バイオリニストのコンサートでピアノが参加することなどに使われます。

「演奏」と「伴奏」の違い!

「演奏」と「伴奏」の違い!

「演奏」は、「人に聴かせる目的で楽器を使い、まとまった楽曲を披露すること」です。

「伴奏」は、「メインとなるメロディーや歌声を引き立てる為に、他の楽器でサポートすること」です。

まとめ

まとめ

「演奏」「伴奏」は、メインとするものが違います。

「一つの集団」なのか、「歌手(メイン演奏者)+サポート」なのかで使い分けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物