「ウクレレ」と「マンドリン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウクレレ」と「マンドリン」の違い音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウクレレ」「マンドリン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ウクレレ」とは?

「ウクレレ」とは?

「ウクレレ」とは、クラシック(アコースティック)ギターが小さくなったような楽器で、主にハワイアン音楽に使用されます。

21インチ、23インチ、26インチのものがあり、21インチはソプラノウクレレと呼ばれ、初心者にはこれがおすすめだとされています。

23インチのものがコンサートウクレレで、一般的なウクレレと呼ばれるのはこのサイズのものです。

26インチはテナーウクレレと呼ばれ、低い音を出すことができます。

4本の弦を弾いて演奏し、指で直接弾く引き方が主流です。

ピックを使うこともありますが、プロの演奏者でもないとまず使用されません。

「マンドリン」とは?

「マンドリン」とは?

「マンドリン」は、イタリアが発祥の弦楽器です。

バイオリンと同等の音域の演奏に向いていますが、弓ではなく、ピックによって演奏されます。

この手の弦楽器としては多い8弦が張られており、2弦ずつの構成となっている為、一見では4弦にも見えるのが特徴です。

25インチ(63. 5センチ)程度のサイズのものが多く、オーケストラでも使用されることがあります。

「ウクレレ」と「マンドリン」の違い

「ウクレレ」と「マンドリン」の違い

「ウクレレ」「マンドリン」の違いを、分かりやすく解説します。

「ウクレレ」は、小型のギターのような楽器で、4弦を主に指で弾いて演奏します。

「マンドリン」は、見た目はこちらもギターに似ていますが、バイオリンに近い音色で、ピックを使って演奏します。

「ウクレレ」は、ハワイ音楽の演奏に使われることが多く、「マンドリン」の方は、オーケストラでも使われているという点も大きな違いで、その「マンドリン」は西洋楽器で、「マンドリン」はハワイアン楽器と位置付けられています。

まとめ

まとめ

「ウクレレ」「マンドリン」は、このように違います。

「ウクレレ」は、趣味として習い始める人も多い比較的手軽な楽器で、日本でも専門の教室が多く存在します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物