「ウェディングプランナー」と「ブライダルプランナー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウェディングプランナー」と「ブライダルプランナー」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウェディングプランナー」「ブライダルプランナー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ウェディングプランナー」とは?

「ウェディングプランナー」の意味と概要について紹介します。

意味

「ウェディングプランナー」は、「結婚式を予定しているカップルに、挙式や披露宴だけではなく、結婚式を挙げるまでの段取りなども含め全てを計画して、手配や当日の切り盛りなどまでする仕事」という意味です。

概要

「ウェディングプランナー」は、結婚式に関する全ての手配や準備をして、当日の対応までする仕事のことを言います。

具体的には、「結納や両家の顔合わせ」「挙式・披露宴の内容決め」「衣装合わせ」「招待状作成」「メイク」「当日対応」などがあります。

そもそも「ウェディング」は、「結婚式・婚礼・披露宴」など、結婚に関する儀式自体を意味する言葉です。

「ウエディングプランナー」は、「結婚に関する儀式を計画、執り行う人」という意味で使われています。

「ブライダルプランナー」とは?

「ブライダルプランナー」の意味と概要について紹介します。

意味

「ブライダルプランナー」「結婚式を予定しているカップルに、挙式や披露宴だけではなく、結婚式を挙げるまでの段取りなども含め全てを計画して、手配や当日の切り盛りなどまでする仕事」という意味です。

概要

「ブライダルプランナー」は、「ブライダルコーディネーター」とも呼ばれますが、仕事の内容は「ウェディングプランナー」と同じです。

そもそも「ウェディング」「結婚に関する儀式」のことで、「ブライダル」「花嫁の~」という意味です。

つまり、「花嫁に関することがら」を表す為に「ブライダル」と表現しているのです。

「ウェディング業界」というと「結婚式」自体になってしまうことから、「花嫁に関すること全て」という意味で「ブライダル業界」と言われているのです。

「ウェディングプランナー」と「ブライダルプランナー」の違い

「ウェディングプランナー」「ブライダルプランナー」は、同じ意味で使われます。

言葉の意味的に、「ウェディング」「結婚式自体」で、「ブライダル」「花嫁に関すること」という意味があるだけで仕事内容は同じです。

まとめ

「ウェディングプランナー」「ブライダルプランナー」は、同じ仕事です。

企業により呼び方が違うだけですので、気にする必要はありません。