スポンサーリンク

「名義貸し」と「フランチャイズ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「名義貸し」と「フランチャイズ」の違いビジネス・就職・転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「名義貸し」「フランチャイズ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「名義貸し」とは?

「名義貸し」とは?

「名義貸し」とは、その人の名前(立場)では申し込みが困難だと思われるような対象に、名前を貸す行為です。

簡単な例では、色々支払いが滞った為、もう借金ができなくなってしまった人に、そのようなことがない人が名前を貸す(その人の名前で審査されるので、借りることができる可能性があります)ことがこれに当たります。

その他にも、本来はその人の名前で申し込みや登録しないといけないことに名前を貸すこと全般に使われる言葉で、ほとんどの場合で違反、更には違法行為にもなってしまうので、このようなことは行わないに限ります。

「フランチャイズ」とは?

「フランチャイズ」とは?

「フランチャイズ」とは、そのグループ(会社)の名前や権利などを借りて営業することだと解釈していいでしょう。

もちろんきちんとした契約の下で行われるもので、コンビニエンスストアの大半は、このフランチャイズによって運営されている店舗です。

一種の「名義貸し」と表現できなくもありませんが、すっかりビジネスモデルとして確立されている業務形態で、全国に多数展開されているチェーン店と呼ばれるお店によく見られます。

用意されているブランド(店舗名)や流通システムが利用できるというメリットがある反面、それらの維持の為にはそれなりの費用が掛かります(多くの場合で、売上げから何パーセントを支払うといったような内容になります)。

「名義貸し」と「フランチャイズ」の違い

「名義貸し」と「フランチャイズ」の違い

「名義貸し」「フランチャイズ」の違いを、分かりやすく解説します。

「名義貸し」と呼ばれる行為は、全般的に行ってはいけませんが、「フランチャイズ」は、きちんとしたシステムの上で行われるそれに近い内容になります。

先のように、コンビニエンスストアのほとんどがこのシステムを利用しており、ビジネスモデルとして有名な業務形態となっています。

まとめ

まとめ

「名義貸し」「フランチャイズ」には、このような違いがあります。

「フランチャイズ」は、システム化された、何も問題のない合法的な「名義貸し」と言えなくもありません。