「ソロギター」と「弾き語り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ソロギター」と「弾き語り」の違い 音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ソロギター」「弾き語り」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ソロギター」とは?

「ソロギター」とは、「ギターでメロディ(主旋律)を弾きながら、ベース音・リズム・ハモリを含めて総合的に演奏するスタイル」のことを意味しています。

「ソロギター」という言葉は、「リズム感・音の深みを出すアルペジオをメインとしたギターの独奏で、中級者~上級者に向いた演奏スタイルのこと」を意味しているのです。

「弾き語り」とは?

「弾き語り」とは、「一人でギターを弾きながら、楽曲を歌うこと」を意味しています。

「弾き語り」というのは「ギターの効果的な伴奏に合わせて歌を歌うこと」であり、「ギター演奏(伴奏)+楽曲の歌唱(歌)」がメインになってきます。

「弾き語り」の言葉は、「コード演奏・ストロークを中心としたギターの伴奏に合わせて歌うことで、初心者にも取り組みやすい演奏スタイルのこと」を意味しているのです。

「ソロギター」と「弾き語り」の違い!

「ソロギター」「弾き語り」の違いを、分かりやすく解説します。

「ソロギター」「弾き語り」「一人でギターを弾くスタイル」という意味では同じなのですが、「ソロギター」のほうが「弾き語り」よりも「ギターそのものの演奏難易度が上がる」という違いがあります。

「ソロギター」というのは「ギターによるメロディ・ベース・リズム・ハモリの調和的・総合的な演奏スタイル」であり、「ギター演奏がメイン」になります。

それに対して、「弾き語り」とは「ギターでメロディを弾きながら楽曲を歌うスタイルであり、「ギターの伴奏+自分の歌声がメイン」になるという違いがあるのです。

まとめ

「ソロギター」「弾き語り」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ソロギター」とは「メロディだけではなくベース・リズム・ハモリなども加え、総合的に一人でギターをメインにして演奏すること」を意味していて、「弾き語り」「ギターを伴奏として弾きながら歌を歌うこと」を意味しているという違いがあります。

「ソロギター」「弾き語り」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
シェアする
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物