スポンサーリンク

「チャイルドマインダー」と「ベビーシッター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「チャイルドマインダー」と「ベビーシッター」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「チャイルドマインダー」「ベビーシッター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「チャイルドマインダー」とは?

「チャイルドマインダー」とは?

「チャイルドマインダー」の意味と概要について紹介します。

「チャイルドマインダー」の意味

「チャイルドマインダー」とは、「少人数保育において、教育や健康管理あども行う仕事」という意味です。

「チャイルドマインダー」の概要

「チャイルドマインダー」は、イギリスで発祥した「少人数保育のスペシャリスト」のことを言います。

1人の「チャイルドマインダー」が1人~2人の子供に付き、保護者の意向に沿って保育をしながら、個性を重視した教育をしたり健康管理にまで気を配る仕事です。

個人宅を訪問することもあれば、少人数の託児所などで勤務することもあります。

日本では民間の認定資格で働けるのですが、\イギリスでは「国家職業資格」に認定されています。

「ベビーシッター」とは?

「ベビーシッター」とは?

「ベビーシッター」の意味と概要について紹介します。

「ベビーシッター」の意味

「ベビーシッター」とは「個人宅や託児所などで、子供の保育や世話をする仕事」という意味です。

「ベビーシッター」の概要

「ベビーシッター」は、親が留守であったり、忙しい時に、代わって子供の面倒を見る仕事のことを言います。

個人宅に訪問することもあれば、民間の託児所や企業の保育室などに勤めることもあります。

多くの場合、登録制で民間企業から派遣されますが、中には全く個人で働いている人もいます。

海外では住み込みで働くこともあるのですが、日本では通いで短時間、時給制が多くなります。

「チャイルドマインダー」と「ベビーシッター」の違い!

「チャイルドマインダー」と「ベビーシッター」の違い!

「チャイルドマインダー」は、「少数保育が基本で、教育や健康管理も行う仕事」です。

「ベビーシッター」は、「登録制で、限られた時間内で子供の面倒を見る仕事」です。

まとめ

まとめ

今回は「チャイルドマインダー」「ベビーシッター」の違いをお伝えしました。

「チャイルドマインダーは少数保育のスペシャリスト」「ベビーシッターは子供の面倒を見る人」と覚えておきましょう。