「サンライズ」と「メロンパン」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サンライズ」と「メロンパン」の違い食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「サンライズ」「メロンパン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「サンライズ」とは?

「サンライズ」の意味と概要について紹介します。

「サンライズ」の意味

「サンライズ」は、「神戸など関西地方で販売されている、メロンパンの名称のこと」という意味です。

「サンライズ」の概要

「サンライズ」とは、関西の一部地方で使われている「メロンパン」に対する名称です。

元々、関西で「メロンパン」というと、ラグビーボール型で、クッキー生地部分はなく、中にクリームや白あんが入った菓子パンのことでした。

一般的な丸い「メロンパン」が広まるにつれて、従来の「メロンパン」と区別を付ける為に「サンライズ」と名付けられたのです。

因みに、ラグビーボールの様な形は「まくわうり」に似せて作られたと言われています。

「メロンパン」とは?

「メロンパン」の意味と概要について紹介します。

「メロンパン」の意味

「メロンパン」とは、「パン生地にクッキー生地をかぶせて、メロンの様な編み目を付けて焼いた丸い菓子パンのこと」という意味です。

「メロンパン」の概要

「メロンパン」は、パン生地にクッキーの生地を載せて丸く焼き上げ、メロンの様に網目を付けた菓子パンのことを言います。

全国のパン屋、コンビニやスーパーなど、どこでも売られている庶民的な食べ物です。

生地に本当にメロンが入っているのではなく、見た目が丸くて黄色く、網目が付いていることから「メロンパン」と呼ばれる様になりました。

上部のクッキー生地がサクサクとしていることから、大人から子供まで人気の食べ物です。

基本的に中味には何も入っていませんが、ベーカリーなどではオリジナルとしてクリーム等を入れることもあります。

「サンライズ」と「メロンパン」の違い!

「サンライズ」「関西の一部での『メロンパン』の呼名のこと」です。

「メロンパン」「パン生地にクッキー生地をのせて、網目をつけて焼いた菓子パンのこと」です。

まとめ

今回は「サンライズ」「メロンパン」の違いをお伝えしました。

「サンライズは関西のメロンパン」「メロンパンは全国的」と覚えておきましょう。