音楽のジャンルの「クラシック」と「ポピュラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クラシック」と「ポピュラー」の違い 音楽・楽器
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クラシック」「ポピュラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

「クラシック」とは?

「クラシック」とは?

「クラシック」とは、いわゆる「オーケストラ」によって演奏される音楽のことです。

具体的には、多くの弦楽器や管楽器、打楽器で構成され、「クラシックコンサート」と言えば、そのような楽器によって構成される楽団の演奏会になります。

このジャンルでは、基本的に歌声(ボーカル)は入っておらず、演奏のみとなりますが、キリスト教の礼拝時に使用される各種の「賛美歌」のように、それが入ることもあります。

ただし、そのようなものをこの「クラシック」と表現するかどうかは人それぞれの判断になり、一般的には歌声が入らないものだと考えておいていいでしょう。

「ポピュラー」とは?

「ポピュラー」とは?

「ポピュラー」は、近年人気の「軽音楽」の総称になります。

先の「クラシック」と表現される音楽以外の全てだという考え方もありますが、音楽業界や音楽関係のショップなどでは、「ロック」「ポップス」をまとめた表現として用いていることがほとんどです。

音楽大学では、学科として、これらの「クラシック」「ポピュラー」の選択ができることが多く、「ポピュラー」の方では、それらのジャンルの曲の作成や、ロックで使用されるギターやドラム、ピアノ(キーボード)の演奏を学んだり、ボーカルに特化した歌の教育などが主な授業内容となっています。

「クラシック」と「ポピュラー」の違い

「クラシック」と「ポピュラー」の違い

「クラシック」「ポピュラー」の違いを、分かりやすく解説します。

「クラシック」は、言葉としては「伝統的な」といった意味があるように、昔から聞かれるオーケストラ楽団の演奏による音楽のことだと解釈してください。

「ポピュラー」は、実質的にジャンルとしてロックやポップスのことを指す言葉で、音楽ショップでは数々のロックバンドやアイドルグループなどのCDやDVDが並んでいます。

まとめ

まとめ

「クラシック」「ポピュラー」は、このように違います。

「クラシック」では、歌声のない演奏のみのことがほとんどで、そのような形態は「インストゥルメンタル」とも表現されますが、それとは別だと考えてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽・楽器
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物